専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

欧州サッカー調査機関が“5大リーグ”のベストイレブンを発表! メッシ、C・ロナウドの二大巨星は選ばれず、最年少は18歳

THE DIGEST編集部

2022.05.26

欧州のサッカー調査機関が5大リーグのベスト11を発表。写真は左上から時計回りにデ・ブルイネ、レバンドフスキ、エムバペ、ベンゼマ。(C) Getty Images

欧州のサッカー調査機関が5大リーグのベスト11を発表。写真は左上から時計回りにデ・ブルイネ、レバンドフスキ、エムバペ、ベンゼマ。(C) Getty Images

 欧州主要国は先週末に国内リーグの全日程を終了。各国で熾烈かつスリリングな戦いが展開される中で、選手たちは最後まで懸命のプレーを披露し、世界中の人々を大いに魅了した。

 これを受け、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟する32か国(地域を含む)の計6111人の選手のパフォーマンスを分析、彼らが所属するチームの結果も加味した上で、各リーグの最も優れた選手による「ベストイレブン」を発表している。

【ベスト11画像】欧州サッカー機関が発表した「プレミアリーグ」ベストイレブンの顔ぶれ
 その中で、最も注目の高い「欧州5大リーグ」(プレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグアン)のチームを見てみると、当然ながら優勝チームの選手が多くを占めているが、特に多いのがバイエルンの9人(!)。今季も盤石の強さで10連覇を飾ったのだから、これも当然と言えるかもしれない。移籍市場で最も注目を浴びたドルトムントのアーリング・ハーランドも、5年連続得点王のロベルト・レバンドフスキがいては、このベストイレブンに割って入ることは難しかったようだ。

 バイエルンに続くのが、リバプール(プレミアリーグ)とレアル・マドリー(ラ・リーガ)の6人、次がパリ・サンジェルマン(リーグアン)の5人となっている。最も分散したのはリーグアンで、パリSGの他、マルセイユ、ニース、レンヌ、モナコ、マルセイユ、ストラスブールからも選出された。

 個人では、リーグアンで4年連続の得点王に輝き、先日はその去就が大きな話題となったキリアン・エムバペが当然のようにベストイレブンの一角を占めたのに対し、長くサッカー界を牽引し、今回も両選手とも新天地でのプレーとなったリオネル・メッシ(パリSG)とクリスチアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)がいずれも外れたのは、時代の流れというものだろうか……。

 なお、この中で最年少はドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムで18歳。32リーグ全ての中での「最年少10人」にも、パリSGのポルトガル代表SBヌーノ・メンデス(19歳)とともにその名を連ねており、その早熟ぶりが際立っている。

 5大リーグのベストイレブンは以下の通り。ここからも、各リーグの戦いぶりがいかなるものだったかが見えてくるなど、非常に興味深い顔ぶれと言えよう。

【ベスト11画像】欧州サッカー機関が発表した「スペインリーグ」のベストイレブン
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング