専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「すでに史上最悪の開催国だ」 開幕戦完敗のカタールを各国メディアが酷評…人権問題や買収疑惑も非難の的に

THE DIGEST編集部

2022.11.22

6万人を収容するアル・バイト・スタジアムでカタールは開幕戦を勝利で飾れなかった。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

6万人を収容するアル・バイト・スタジアムでカタールは開幕戦を勝利で飾れなかった。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

 現地時間11月20日にカタール・ワールドカップが開幕。約1か月にわたってサッカー世界最高峰の戦いが展開されるが、先陣を切って地元カタールがエクアドルと対戦した。

 中東初のW杯のホストカントリーは、2010年に大会開催権を手にしてからはチーム強化に励み、2019年には決勝で日本を下してアジアカップ優勝を飾るなど、その力を高めていると思われたが、守備をウリにする一方で得点力に問題を抱える南米チームに主導権を握られ、ほとんど良さを出せないまま0-2の敗北を喫し、英国公共放送『BBC』からは「開催国の夢は、悪夢に変わった」と報じられることに……。

【動画】カタールW杯の今大会初ゴールをチェック!
 同国の日刊紙『The Telegraph』は、「これはW杯史上で最悪の開幕戦だっただろうか。確かに、試合のスタッツは酷いものだった。この一戦でのシュート数は両チーム合わせてわずか11本(カタールが5本、エクアドルが6本)に止まり、それは1966年イングランド大会でスタッツが記録されるようになって以来、どの大会の開幕戦よりも少なかった」と、試合そのものを酷評するとともに、開催国に対しても以下のように言及している。

「開幕前の幾つかのガイドブックでは、『ティキタカの中東版』が約束されていたが、希望は早い段階で打ち砕かれた。エクアドルは厄介な強者であり、カタールの夜を台無しにした。開催国の選手たちは、試合の立ち上がりから、相手のタックルに怯み、前線で大きな期待を寄せられていたアクラム・アフィフは途方もなく深く落ち込んだ。そしてエネル・バレンシアの連続ゴールで、31分間で2点差をつけられた」

 また『The Guardian』紙は、「彼らはハーフタイムまでに0-2でリードされ、自分たちのキャパシティーを超えるレベルでプレーし、全ての重荷を背負うことになった」と綴り、「カタールはW杯史上最悪の開催国となることが、この先に明らかになるだろうか。いや、すでに断然、彼らは史上最悪の開催国である」と斬り捨てている。

 これには、同メディアが人権問題や買収疑惑なども絡むカタールでの開催そのものを批判しているからであり、開幕式の行なわれた6万7000人収容のアル・バイト・スタジアムを「人間の虚栄心を示したグロテスクで不必要な記念碑」と表現。また、インフラ建設において多くの人命が失われたこともあり、「失われた人命のための霊廟」「血に染まった建造物」とも綴っている。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング