専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

英BBCが鎌田大地を“W杯で最も注目すべき10選手”に選定! 「プレミアリーグで輝く最初の日本人になるかも」

THE DIGEST編集部

2022.11.21

各国メディアから注目される鎌田。ドイツ戦ではいかなるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

各国メディアから注目される鎌田。ドイツ戦ではいかなるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

 ついにカタール・ワールドカップが開幕し、日本代表にとってグループリーグ突破の可能性を左右する重要なドイツとの初戦も、目前に迫っている。

 日本がこの強敵中の強敵に対してあらゆる攻略法を探っているのは当然だが、ドイツも日本への警戒を怠っていない。これまでに、DF陣のリーダーであるアントニオ・リュディガーは、「2018年は優勝候補のはずが、グループリーグで敗退してしまった。ドイツのようなサッカー大国に、このような不名誉なことは二度と起きてはいけない」と気を引き締めるとともに、「日本やコスタリカを過小評価してはいけない。彼らは、非常に厄介なチームだ」と語った。

【動画】先制点ゲット、鎌田大地が躍動したアメリカ戦をチェック!
 また、キャプテンのGKマヌエル・ノイアーも「我々は警戒しなければならない。常に大会の初戦は最も重要であり、日本は非常に規律があって厄介なチームだ。多くの選手がブンデスリーガでプレーしている。このようなチームが、一番対戦する上で難しい」とコメント。そして先日の会見では、より具体的に日本に言及し、最も警戒する選手として、フランクフルトで最多得点者として活躍するだけでなく、ボランチとして多彩な形でチームに貢献している鎌田大地の名を挙げている。

「彼は非常に優れた選手であり、我々にとって危険なポジションにいる。頻繁にトップ下のポジションにいて、前線に飛び出して来る。ボールもキープでき、我々が捕まえるのも難しい。危険なスペースに動き、両足でシュートを打てる。もちろん、テクニックにも非常に秀でている」

「日本のキープレーヤーであり、常に警戒しなければならない」とも、ドイツの名守護神に言わしめる鎌田だが、これを聞いても本人は「11人いたら、誰かが警戒されると思いますし、そういう質問なので、誰かしら(の名前)を挙げないといけない。そんなに真摯に受け止めているというより、『そうなんだ』というぐらいの感じです」と冷静さを崩さず、「日本人の価値をこの大会で高めないとダメだと思います」として、強敵相手にも必勝を誓った。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング