専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

リバプールで始動した南野拓実が「今オフに証明すべきこと」を専門メディアが提言!「本当のチャンスを提供されるべき」との主張も

THE DIGEST編集部

2021.07.12

 サウサンプトンでは徐々に影響力が衰えていったと地元メディアから評されたものの、ニューカッスル戦やチェルシー戦で見せたファインゴールや改善されてきたボールのないところでの動きなどはハーゼンヒュットル監督からは高く評価されており、同じ戦術を採るリバプールでも、良いプレーを見せる可能性は十分にあるという。

 同メディアは、南野のリバプールでのライバルとされるアレックス・チェンバレン、ディボック・オリギ、ジェルダン・シャキリとの比較において、クロップ監督にとっては誰よりも優れた選択肢でありながら、最も公正なチャンスを与えられなかった唯一の存在であるとも主張している。
 
 モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、ディオゴ・ジョッタを差し置いてポジションを獲得する可能性は低いものの、多くの仕事がこなせるFWとして、必要に応じて攻撃の様々なポジションをカバーできる南野が、流れを変えるバックアッパーとしての役割を与えられ、時にスタメンとしてピッチに立つことになれば、意外と早くブレイクできるとさえ、同メディアは期待する。

 多くのメディアが指摘している通り、来季はアフリカネーションズ・カップ(来年1月開催)でアフリカの選手が最大1か月超チームを離脱することが考えられることもあり、もしリバプールに残留することになれば、南野がサラー、マネに代わって重要な役割を担う可能性もある。チームの補強状況なども踏まえて、果たして彼がいかなるキャリアを歩むことになるのかが非常に気になるところだ。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング