専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

ランキングポイントは? 本当に延期?世界各国で知らせを聞き、帰国したテニス選手たちが抱える不安

内田暁

2020.03.13

BNPパリバ・オープン会場の、大会中止を知らせる電光掲示板。(C)GettyImages

BNPパリバ・オープン会場の、大会中止を知らせる電光掲示板。(C)GettyImages

「新型コロナウイルスの状況に鑑み、選手やファンの安全を最優先させるためにも、大会は当初の予定日には行なわないことにしました」
 
 BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)から、選手をはじめとする関係者たちにそのような通達が届いたのは、女子予選開幕のわずか16時間ほど前だった。
 選手間で囁かれる噂を耳にしていたダニエル太郎は、やはりと思い、日本でのデビスカップ後に現地に急行した内山靖崇は、呆然と「やりきれない」気持ちを抱える。

 練習を終え、まだ発表されぬドローと試合予定に気を揉んでいた日比野菜緒は、シャワーを浴び終えた時にその報を知った。
 濡れた髪にドライヤーを当てながらも、「2週間後のマイアミ・オープンは開催されるのかな?」「日本に帰らず、アメリカの後はヨーロッパに向かった方がいいだろうか」などの疑念が次々胸に迫る。それは大会参戦予定だった全員が、異国の地で持て余した「宙ぶらりん」の想いだった。

 日本人を含む多くの選手が抱えたこれらストレスの要因は、実に多岐に渡っている。
 一つは当然ながら、先行きが見えぬ不安。「第5のグランドスラム」の異名を取り、“選手が最も好きなトーナメント”に毎年選ばれるほどの運営を誇るイベントが飛んだ事実は、もはやどの大会にも中止の可能性があることを意味する。
 
 毎日のように変化するコロナウイルスに伴う世界情勢も、見通しと決断を困難にした。
 また、ランキングポイントがどうなるかも、東京オリンピックの当落線上にいる選手たちの気持ちを大きく揺さぶる。

「夏まではツアー全体が中断となり、その間、ランキングは凍結状態になるらしい」

「ATPとWTAは中断するが、ITF(国際テニス連盟)主催の下部大会は行なわれるようだ」

 それら雑多な噂が飛び交うが、公式な発表はなかなか出ない。
「僕が思うには、今の状況だとツアーを普通に回るのは、クレーシーズン後までは不可能に近い」と持論を述べるのは、ダニエル太郎だ。
 
NEXT
PAGE
ダニエル太郎が代弁した多くの選手たちの思い

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング