専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

大坂なおみ全米オープン白星発進! ケガの不安を抱えながらも盟友土居美咲を退ける【海外テニス】

スマッシュ編集部

2020.09.01

負傷欠場から中1日で迎えた全米初戦であったが、我慢のテニスを貫いて勝利を引き寄せた。(C)Getty Images

負傷欠場から中1日で迎えた全米初戦であったが、我慢のテニスを貫いて勝利を引き寄せた。(C)Getty Images

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は現地8月31日、女子シングルス1回戦が行なわれ、2度目の大会制覇を狙う第4シードの大坂なおみ(世界9位)が、日本代表の盟友でもある土居美咲(同81位)を6-2、5-7、6-2のフルセットの末に下し、2回戦に進んだ。

 28日の前哨戦で左太ももを痛め、翌29日の決勝戦を棄権している大坂が、中1日でどれだけ回復できるか。「時間がなかったけど最善を尽くした」と試合前に語っていた大坂は、丁寧にコースを突きながらポイントを重ねる。アンフォーストエラーの数が土居の13本に対して大坂はわずか5本とミスの少ないテニスを貫き第1セットを6-2でものにする。
 
 だが、第2セットは大坂にとって苦しい展開となる。第2ゲームでこの日初めてサービスをブレークされると、打ち合いでも軽快なフットワークを駆使した土居の思い切りのよいプレーの前にミスが目立ち始める。2-5の劣勢から一時は5-5へと巻き返すものの、あと一押しが効かず5-7で振り切られこのセットを失う。

 迎えたファイナルセット、大坂は第1ゲームで土居のサービスをブレークすると、その後も競り合う場面でポイントを重ねる。そして第8ゲームの自身のサービスをキープして6-2。苦しみながらも2時間超の激闘に終止符を打った。

 大坂の次なる2回戦の相手は、カミラ・ジョルジ(イタリア/74位)。2018年の東レPPO準決勝で1度対戦しており、その際はストレートで大坂が勝利しているだけに、次戦も期待したい。

構成●スマッシュ編集部

【写真】全米・全豪を制覇した大坂なおみのキャリアを厳選フォトで一挙振り返り!
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング