専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

“取れそうで取れない”展開の末に西岡良仁が主催者推薦の239位に敗れる【全仏テニス】

スマッシュ編集部

2020.10.01

ランキング的には西岡にとって格下の相手だったが、大事な場面でポイントを取り切れず敗れた。(C)Getty Images

ランキング的には西岡にとって格下の相手だったが、大事な場面でポイントを取り切れず敗れた。(C)Getty Images

 テニスの四大大会、全仏オープン(フランス/パリ)は、現地9月30日に2回戦が行なわれ、初戦でシード選手のオジェ-アリアシムを破っている西岡良仁が登場。さらなる飛躍が期待されたが、主催者推薦枠で出場しているヒューゴ・ガストン(フランス)に、4-6、6-7(4)、6-3、2-6で敗れ3回戦進出を逃した。

 西岡の対戦相手ガストンは、ツアーの下部大会であるチャレンジャーを主戦場とする選手で順位こそ239位と低いが、18年ユース五輪では金メダルを獲得した経歴を持ち、今大会では多彩なショットを武器に自身初となる全仏本戦で1勝を挙げた勢いのある20歳の注目株だ。

 両者の身長差は3センチで共に左利き。西岡本人も認める「似たタイプの選手」との戦いは序盤、相手の手の内を探るような粘り強い打ち合いが見られたが、第5ゲームで西岡がサービスを落とすと、そのままガストが逃げ切った。

 西岡は第2セットの第1ゲームで再びサービスをブレークされると、その後も欲しい所でポイントを奪えない不完全燃焼の状態が続く。一時は3-5から3ゲームを連取してタイブレークへと持ち込むものの、絶妙なタイミングで多用してくる相手のドロップショットを攻略できず。競り合いながらもセットを落とすと、イライラを爆発させるようにラケットを地面に叩きつけた。
 
 これで後がなくなった西岡。だが、ガストンは勝利が見えて硬くなったのか、簡単なスマッシュでミスを犯すなど、にわかにペースを乱して失速。すると西岡はその隙を見逃さず一気にギアを上げて流れを引き寄せると、6-3で奪い返してみせた。

 過去に出場したグランドスラム大会で2セットダウンからの逆転勝利のない西岡。そのジンクスを今度こそ破るかと思われた第4セットであったが、冷静さを取り戻したガストンにじりじりとポイントを離され、2-4の場面からさらに3ゲームを連取されて万事休した。

 試合を通して西岡が迎えたブレークチャンスは22回にも及んだが、ブレーク成功に漕ぎ着けたのはわずか5回だけ。ファーストサービスの成功率やポイント獲得率では相手を上回っていただけに、この日は西岡にとって「取れそうで取れない」フラストレーションの溜まる一戦だったと言えよう。

◆9月30日(水)日本人結果
【男子シングルス2回戦】
西岡良仁(ミキハウス)4-6 6-7(4) 6-3 2-6 H・ガストン[WC](フランス)
※WC=主催者推薦

構成●スマッシュ編集部

【写真】西岡良仁ら2020全仏オープンを戦った日本人選手たち!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング