専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「若手からワイルドカードを奪うな」初戦完敗のマリーをレジェンド選手が酷評。親友キリオスは「黙れ」と猛反論

スマッシュ編集部

2020.09.29

初戦敗退のマリー(左)に、手厳しいコメントを残したビランデル氏(右)。(C)Getty Images

初戦敗退のマリー(左)に、手厳しいコメントを残したビランデル氏(右)。(C)Getty Images

 現在開催されている全仏オープン(フランス/パリ)では、現地27日の男子シングルス1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のアンディー・マリー(イギリス)が、第16シードのスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦した。

 股関節のケガから復帰し、3年ぶりに全仏オープンの土を踏んだマリーだったが、2015年大会王者の前に6-1、6-3、6-2と、あっけなく敗れ去った。

 長らく痛みに悩まされ続けた股関節を、人工関節に取り替える大掛かりな手術を経て、昨年ツアー復帰を果たしたマリー。同年10月にはATP250大会で2年ぶりの優勝を飾り、復活への狼煙を上げたが、やはりまだ以前のようなフィジカルや、勝負強さを継続することはできていない。

 そんなマリーの姿は、元世界ランク1位のレジェンド選手、マッツ・ビランデル氏(スウェーデン)にとって受け入れがたいもののようだ。

 同郷のビヨン・ボルグ氏やステファン・エドバーグ氏と共に、1980年代の男子テニス界を牽引し、全仏オープン3勝を含むグランドスラム通算7タイトルを上げたビランデル氏は、マリーの早期敗退について「反省すべき」だと考えている。
 
「アンディー・マリーは、自分のことばかり考えるのをやめて、自分がどうすべきだったのかを考えないといけない。彼が(他の有望な)若手選手からワイルドカードを奪う権利があったのかをね」と、海外メディア『ユーロスポーツ』に明かしたビランデル氏。

 続けて「彼(マリー)がなぜあそこにいるのか。そして見ている人に、いつか復活するだろうという“偽りの希望”を与え続けるその理由を聞いてみたいんだ」と辛らつな言葉を投げかけた。

 ただし、マリーのカムバックと、挑戦を続ける姿勢には好感を持っているようだ。あくまで、若手選手の活躍の場を奪わないでほしいという主張で、それはビランデル氏自身の経験を踏まえての考えだ。

 ビランデル氏は、「私も26歳で一度引退して28歳の時に復帰した。32歳までプレーを続けたけれど、私よりも若くて、やる気に満ち溢れた選手たちの場所を奪うべきではなかった」と後悔の念を語り、これらを「キャリアで最大の間違いだった」と語った。
 
NEXT
PAGE
ビランデルの主張に「黙れ」と怒り心頭のキリオス…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング