専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「重要な局面でいいプレーができた」メドベージェフが“世界王者ジョコビッチ”を破り準決勝進出!【ATPファイナルズ】

中村光佑

2020.11.19

今年1月の対戦でジョコビッチ(右)に敗れていたメドベージェフ(左)が、シーズン最後の大舞台でリベンジを果たした。(C)GettyImages

今年1月の対戦でジョコビッチ(右)に敗れていたメドベージェフ(左)が、シーズン最後の大舞台でリベンジを果たした。(C)GettyImages

 男子テニスツアー最終戦『Nitto ATPファイナルズ』(11月15日~22日/イギリス・ロンドン/屋内ハード)は、ラウンドロビングループ「Tokyo 1970」の第2戦が行なわれ、世界4位のダニール・メドベージェフ(ロシア)が同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-3、6-3のストレートで撃破。グループ通算成績を2勝0敗とし、準決勝進出を決めた。

 第1セットは序盤から両者が安定したストロークを見せ、サービスキープが続いていたが、第7ゲームでメドベージェフが長いゲームを取り切りブレークに成功。第9ゲームではジョコビッチのダブルフォールトも絡み、メドベージェフが第1セットを先取した。

 第2セットでもメドベージェフが第1ゲームで幸先よくブレークに成功し、試合を優位に進めていく。一時ブレークバックのピンチを招く場面もあったがこれを凌ぎ切り、その後はリズムよくサービスをキープして試合を決めた。終わってみれば1時間21分での完勝だった。
 
 試合後のインタビューに答えたメドベージェフは「ジョコビッチに勝てて本当にうれしい」と語った上で、自身のプレーについて「今日はサービスが良かったし、重要な局面でいいプレーができた。それが勝てた理由だと思う」と満足げに振り返った。

 また、対戦相手のジョコビッチについて「彼はテニス界でも偉大なチャンピオンの1人だから、彼と対戦することは好きなんだ。僕は8歳の頃、テレビでジョコビッチがグランドスラムで優勝する姿を見ていた。その時はまだ彼は若かったよ。彼との対戦はいつも夢のようなことだ」と話し、絶対王者からの勝利を素直に喜んでいた。

 一方、試合を通して精彩を欠き、まさかの大敗を喫したジョコビッチは「今日は7ゲーム連続で落としたり、ミスを叩いたりして、プレーのレベルが上がってこなかった」とした上で、「彼(メドベージェフ)はサービスがとてつもなく良かったし、終始いいプレーをしていた。自分はもっといいプレーができたのかもしれないけど、今日は本当に彼のレベルが高かった」と完敗を認め、勝者を称えていた。

 昨年の同大会ではラウンドロビンで0勝3敗と初出場の洗礼を受けたメドベージェフだったが、2度目の出場となる今大会では念願の準決勝進出を果たした。この勢いを維持することができれば、間違いなく優勝候補の1人となるだろう。

文●中村光佑

【PHOTO】メドベージェフやジョコビッチらトッププロの「3/1000秒」を捉えたスーパーインパクト集!
NEXT
PAGE
【ハイライト動画】メドベージェフが王者ジョコビッチに勝利した注目の一戦!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング