専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「東京オリンピックでプレーできる可能性を最大限に高める」“不屈の男”デルポトロが4度目の手術を決断!〈SMASH〉

中村光佑

2021.03.23

度重なるケガにも屈せず再びコートに戻るために闘い続けるデルポトロの元には、多くの励ましのメッセージが届いている。(C)GettyImages

度重なるケガにも屈せず再びコートに戻るために闘い続けるデルポトロの元には、多くの励ましのメッセージが届いている。(C)GettyImages

 右ヒザのケガで長らく戦列を離れている男子テニス元世界3位のホアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が、4度目の手術を受けることを発表した。

 2018年の上海大会(中国/ハード)で右ヒザを負傷し、手術を経て19年に復帰したデルポトロ。だが、同年6月のクイーンズ・クラブ選手権(イギリス/芝)でプレー中に転倒してしまい、再び右ヒザを骨折していた。昨年8月には3度目となる手術を施したものの、依然として右ヒザの状態は改善しておらず、今シーズンも大会には出場していない。

 デルポトロは「保存療法も試してみたけど、ヒザの痛みはまだ残っている」と現状を説明しつつ、再び復活を遂げることに意気込んでいるようで、「今年7月に開催される東京オリンピックでプレーできる可能性を最大限に高める」ことを理由に、4度目の手術に踏み切ったという。

 1月に父を亡くしたこともあり精神的にも苦しい時間を過ごしていたようだが、「もう一度挑戦しなければならないと思った。この厳しい状況を乗り越えられるように、僕は努力をやめない」と再起への意欲を示した。
 
 さらにデルポトロはドクターのホルヘ・チャフラ氏と相談のうえで、3月23日に手術を受けると今後の予定を明かし、「メッセージはいつでも待っています。日ごろの応援に感謝しています。皆さんも元気でお過ごしください」とファンへ向けてのコメントを残している。

 非常に多くのファンがデルポトロの復帰を待ち望んでいることだろう。まずは4度目の手術の成功と、一日でも早い復帰を願うばかりだ。

文●中村光佑

【PHOTO】2021全豪オープンで躍動した世界のトッププロたち
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング