専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

錦織に敗れたフォニーニ、試合中にラケット破壊&会見中座。地元イタリアでのストレート負けに怒り爆発

THE DIGEST編集部

2021.05.11

錦織を相手に序盤から苦戦を強いられたフォニーニ。イライラが募り、ラケットを破壊する場面も。(C)Getty Images

錦織を相手に序盤から苦戦を強いられたフォニーニ。イライラが募り、ラケットを破壊する場面も。(C)Getty Images

 男子テニスツアー「イタリア国際」(5月9日~16日/イタリア・ローマ/クレー/ATP1000)の1回戦が現地時間10日に行なわれ、錦織圭が6-3、6-4のストレートで勝利。敗れた世界ランク28位ファビオ・フォニーニ(イタリア)の怒りは、試合後も収まらなかったようだ。

 地元での大会とあって気合十分で臨んだはずのフォニーニだったが、第1セット最初のサービスゲームで錦織にブレークを許して3-0とされ、序盤から苦しい展開に。それでも何とかブレークバックを奪い4-3と盛り返したが、直後の自身のサービスゲームをキープできず。

 これにイライラを爆発させてラケットを破壊したことで審判から警告を受けると、自分へ向けて、「やるならテニスじゃなくてスキーにしておけ」と自虐めいた言葉を絶叫。ストレスを発散したはずが、第2セットでも早々に第3ゲームでブレークを先行されると、その後ミスを連発して敗れた。

 錦織のベースライン際をきわどく狙ったショットに押し込まれ攻撃に苦慮する場面が多く見られたフォニーニは試合後の会見で、「自分は良いプレーができず、ケイは自分より良いプレーをしたんだ。それがすべてだ」「シンプルに今日はケイが自分を上回るプレーをしたのさ」と完敗を認めた。
 
 線審への暴言で失格処分となった4月最終週のバルセロナOP以降、フィジカルコンディションが万全でないとしながら、昨年手術を受けた両足首の痛みがなかったことがせめてもの収穫だったと言う。

 ここまでは普段通りの会見だったが、質問がテクニカル面の問題に及ぶとフォニーニの形相が一変。しばらく沈黙を続けた後、怒りをあらわにしていきなり席を立ちそのまま会場を後にした。

 イタリアテニス界をけん引し、2019年にマスターズ初優勝(モンテカルロ)を果たしたフォニーニ。2週間後に34歳を迎えるベテランのいら立ちは、故郷で復活の雄姿を見せられなかったことに加え、背後に迫るヤニック・シナーら躍進目覚ましい同胞若手勢の台頭が影響しているのかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】錦織圭、2021年シーズンの戦いぶりを厳選写真で特集!
NEXT
PAGE
【動画】フォニーニvs錦織!最後はサービスエースで試合を決める錦織の姿

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング