専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

劇的な逆転勝利でジョコビッチの夢を打ち砕いたズべレフ。「勝ったなんて信じられない!」と本人も驚き【東京五輪】

スマッシュ編集部

2021.07.30

劇的勝利にズベレフ本人も驚きを隠せない様子だ。(C)Getty Images

劇的勝利にズベレフ本人も驚きを隠せない様子だ。(C)Getty Images

 東京オリンピックテニス競技(7月24日~8月1日/東京:有明/ハードコート)では、7月30日に男子シングルス準決勝を実施。第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同5位)が、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)を1-6、6-3、6-1で下し、決勝進出を果たした。

 ここまでのグランドスラム3大会で優勝し、この東京オリンピック、そして最後のグランドスラムである全米オープンを制すれば『年間ゴールデンスラム』を達成するはずだったジョコビッチ。

 その夢を逆転で打ち砕いたズベレフは、試合後のインタビューで「ノバクには気の毒だけど…」としつつ、「彼は史上最も偉大なプレーヤーだし、ツアーで最も多くのグランドスラムを制覇するだろうけど、僕が決勝に残れたことはうれしいよ」と喜びをあらわにしている。
 
 とにかくジョコビッチ破ったという事実に本人も驚いているようで、「今シーズン、間違いなく世界最強であろうプレーヤーを破ったなんて信じられない。今大会で彼に勝つことは不可能だと思われていたので今はとても幸せだよ」と明かした。

 また、銀メダル以上が確定したことについても「メダルを自分の家に、ドイツに持ち帰ることができるなんて最高の気分だよ」とコメント。

 劇的勝利に幸福感をかみしめている様子だが、「でも、まだ1試合残ってるからね」と、金メダルをかけた日曜の決勝に向けて気を引き締めてもいる。

 相手となるカレン・ハチャノフ(ロシア/同25位)とは過去2勝2敗とイーブン。より良い色のメダルを母国に持ち帰るべく、互いに死力を尽くした戦いが繰り広げられることだろう。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】A・ズベレフが放つ時速220キロのスピン系フラットサービス連続写真!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング