専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

錦織圭がリベンジ成功!2セットアップからもつれるが世界61位との激闘を制し全米OP3回戦進出<SMASH>

スマッシュ編集部

2021.09.03

ラリーが多い試合を制した錦織圭。(C)Getty Images

ラリーが多い試合を制した錦織圭。(C)Getty Images

 テニス四大大会「全米オープン」(8月30日~9月12日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート/グランドスラム)は、大会4日日の現地9月2日に、錦織圭が登場(世界56位)。前哨戦で対戦し敗れたマッケンジー・マクドナルド(アメリカ/61位)を7-6(3)、6-3、6-7(5)、2-6、6-3のフルセットで制し、3回戦進出を決めた。

 2人のツアーレベルの対戦は1度だけで、3週間前のワシントンDCの大会だ。似た体格で似たプレースタイルの2人の試合は接戦となり、錦織がフルセットで敗れている。しかし、両者ともに現在の相手のプレースタイルがわかったはず。果たして今回の試合はどのような展開になるのか。

 ラリーが多い試合となるが、先にリードしたのはマクドナルドで、粘り強い返球と鋭いフォアハンドを披露する。マクドナルドはサービスも調子が良く、主導権を握れていた。3-5とされた錦織は、相手の頭上を抜く絶妙なロブを見せブレークに成功。次のゲームでは相手にセットポイントを3本握られるが凌いでタイブレークへ。深いリターンやドロップショットが効果的に決まり、錦織がセットを先取した。

 第2セットに入ると錦織は、相手がしつこく返球してきても厳しいコースへコントロールして3-0とリードする。ミスが増えてブレークバックが許したが、その直後に再びブレークし「カモン!」と叫ぶ。5-3のゲームの最初のポイントで鋭いバックのクロスを決めて流れをつかみ、6-3で第2セットを奪った。
 
 錦織が2セットアップしているが、試合内容は競った状態が続く。お互いがブレークポイントを握るゲームが続く中、錦織が4-2とリード。錦織は5-4でサービングフォーザマッチを迎えるが、追いつかれてタイブレークへ。マクドナルドの思い切った攻めのプレーに押され気味になり、タイブレークを落とした。

 錦織は最初のサービスゲームを落とす苦しい展開。2-4のゲームでも再びブレークされて、2-6で第4セットを失った。勝負はファイナルセットへ。

 力強く攻めてくるマクドナルドに先にブレークされるが、2-1のゲームで錦織がギアを上げて3-1にする。驚異的なフットワークでどんなボールも返球してくるマクドナルドだったが、錦織は厳しいコースに打ち続けて、4時間近い激闘を勝利で締めくくった。

 前哨戦の借りをしっかり返した錦織の次戦の相手は、第1シードのノバク・ジョコビッチと(セルビア/1位)とタロン・グリークスポー(オランダ/121位)の勝者。ジョコビッチと対戦することになれば、東京オリンピックの準々決勝以来となる。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】2年ぶりにニューヨークでの試合!全米OPで躍進する錦織圭!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング