専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

18歳のアルカラスが今季3勝目でトップ10入り!「ラファと同じ年齢で達成したことは感動的」<SMASH>

中村光佑

2022.04.25

今季最長試合となったデミノーとの準決勝を乗り越え、同日に行なわれた決勝では兄貴分のカレノブスタから勝利したアルカラス。(C)Getty Images

今季最長試合となったデミノーとの準決勝を乗り越え、同日に行なわれた決勝では兄貴分のカレノブスタから勝利したアルカラス。(C)Getty Images

 男子テニスツアー「バルセロナ・オープン」(4月18日~24日/スペイン:バルセロナ/クレーコート/ATP500)は現地4月24日にシングルス決勝を実施。第5シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク11位)が同胞で第8シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン/同19位)を6-3、6-2のストレートで下し、同大会初の優勝を飾った。

 今年3月の「マイアミ・オープン」で四大大会に次ぐマスターズ1000での初優勝を飾った18歳のアルカラス。今大会は初戦となったクォン・スンウ(韓国/71位)との2回戦から苦戦を強いられるもなんとか勝ち上がり、準々決勝では第1シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/5位)をフルセットで撃破した。

 現地23日の夜に行なわれた第10シードのアレックス・デミノー(オーストラリア/25位)との準決勝は第4ゲーム終了時点で悪天候による24日への順延が決定し、決勝とのダブルヘッダーに。一時デミノーにマッチポイントを2本握られながらも絶体絶命のピンチを凌ぎ切ったアルカラスが3時間40分にも及ぶ大激戦の末に6-7(4)、7-6(4)、6-4で勝利し、決勝へと駒を進めていた。

 そして奇しくもスペイン勢対決となったカレノブスタとの優勝決定戦。序盤からアルカラスは準決勝の疲労を感じさせないプレーで順調にポイントを重ね、第5ゲームで最初のブレークに成功。第9ゲームでも2度目のブレークを奪い、第1セットを幸先よく先取する。

 迎えた第2セットは両者サービスキープが続くもアルカラスが第5ゲームから4ゲームを連取して勝負あり。1時間6分で優勝トロフィーを手にした。
 
 キャリア通算4度目、今季だけでも3度目となるツアータイトルを獲得した18歳の超新星は試合後のオンコートインタビューで「とても意味のあることだよ。この大会は子どもの頃からずっと見ていたんだ。この大会でプレーすること、そしてもちろん優勝することをずっと願っていたんだ。スペインテニス界の歴史的なリストに名を刻むことができて本当に、本当にうれしいよ」と素直に喜びを表現した。

 なおアルカラスは今大会での活躍により4月25日付の世界ランキングで自身初のトップ10入りが確定。2005年の同日に18歳でトップ10入りを果たした同郷のレジェンド、ラファエル・ナダル(スペイン/4位)を引き合いに、「18歳でトップ10に入れたことはうれしいし、僕のアイドルでもあるラファ(ナダル)と同じ年齢でそれを達成したことは感動的だよ」とコメントを残した。

 多くのレジェンドやファンが舌を巻くほどの凄まじい成長ぶりを見せているアルカラス。今回の優勝がより一層自信を与えてくれることは間違いないだろう。今後も生き生きとしたプレーでツアーを盛り上げてもらいたいところだ。

文●中村光佑

【連続写真】将来の王者候補アルカラスの動かされても力強く返球したフォアハンド
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング