専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

1年以上もコートを離れる40歳のフェデラーが今も絶大な人気を誇る“プロフェッショナルな理由”<SMASH>

レネ・シュタウファー

2022.07.23

1年以上にわたる負傷離脱によって今年の7月11日からはランキング対象外となったフェデラーだが、多くのファンは彼の復活を信じている。(C)Getty Images

1年以上にわたる負傷離脱によって今年の7月11日からはランキング対象外となったフェデラーだが、多くのファンは彼の復活を信じている。(C)Getty Images

 世間から姿を消してすでに1年以上。ロジャー・フェデラーの現在の立ち位置は、スポンサー企業の顔役として、また「レーバーカップ」(欧州選抜と世界選抜が戦う男子団体戦)のような利害関係者のためのアンバサダーとして「プレー以外の分野で仕事中」といったところだろうか。もちろん右ヒザの治療にも忙しいのだが。

 昨年11月、フェデラーはスイスのスポーツジャーナリストのインタビューを受けた。著者の知人であるその記者とはフェデラーが10代のころからの知り合いだ。あえて彼を選んだのは、旧知の仲ゆえ嫌な質問をされる心配がなかったからだと思う。

 久しぶりのインタビューでフェデラーは辛い現況を美しいオブラートで包むかのように語り始めた。「ヒザのケガがひどくてね。カムバックが長引く可能性がある」「でも僕はプロのテニスプレーヤーとして自分のパフォーマンスを最後にもう一度見せたい」とまずは続け、誰もが知りたい引退時期については、「自分なりの方法で、テニスコートでお別れができることをみんなが願ってくれている」に留めた。
 
 以前オーストラリア人コーチのダレン・ケーヒルが、フェデラーの早期の復帰をSNSで呟いたことで大騒ぎとなった。この一件でフェデラーは、自ら情報を提供する義務があると考えるに至った。

 インタビューで「時間は十分にある」と語るフェデラー。それが2022年であれ23年であれ、すなわち40歳だろうが41歳だろうが、彼が最後の雄叫びを上げる時期に大きな差はないというわけだ。

 昨年のウインブルドン直後に行なわれた3回目の手術は、主に短期的な支援を目的とした前年の2回の手術よりもはるかに重要なものだった。術後の最初の目標は、家族、子どもたち、そして友人らと一緒にサッカーやテニスを楽しみ、再び活動を本格化させ、そこからプロのアスリートとしての精神と肉体的なトレーニングを完了させる、という筋書きを立てた。

 そうでもしないとモチベーションが上がらないのを知っているからだ。「グランドスラムの決勝戦にもう一度出場することが究極の夢だ」は、強烈な野心の表れだ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング