専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

「もう十分やりきった」レジェンド国枝慎吾が世界1位のまま引退を表明。「障がい者との垣根が低いスポーツだった」とさらなる発展を願う<SMASH>

スマッシュ編集部

2023.01.22

単複合わせて計50回のグランドスラム優勝を誇る国枝。去年のウインブルドンを制し生涯ゴールデンスラムも達成している。(C)Getty Images

単複合わせて計50回のグランドスラム優勝を誇る国枝。去年のウインブルドンを制し生涯ゴールデンスラムも達成している。(C)Getty Images

 男子車いすテニス世界ランク1位の国枝慎吾(ユニクロ/38歳)は1月22日、自身の公式SNSで現役引退を表明。投稿の文面では、今回の決断に至った心情を次のように綴っている。

「2023年1月22日付けで引退することになりました。夢が叶った東京パラリンピック後から引退についてはずっと考えており、昨年念願のウインブルドンタイトルを獲得してからは、ツアーで戦うエネルギーが残りわずかであることを感じる日々でした。昨年10回目の年間王者になった事で、もう十分やりきったという感情が高まり、決意した次第です。2006年に初めて世界1位になってから17年。最後まで世界1位のままでの引退は、カッコつけすぎと言われるかもしれませんが、許してください(笑)

 ツアーを回り始めてから、20年が経ちました。この20年間の車いすテニスもグランドスラムで採用されるようになり、賞金も飛躍的に上がり、環境が変わっていく様を身をもって体感できました。国際テニス連盟が車いすテニスも管轄していることで、どのパラリンピック競技よりも、健常者と障がい者の垣根が低いスポーツだったと思います。まだまだ今後もさらに発展していく事を願っています」
 
 また、世界1位のまま引退を表明した国枝は、自身の活動を支援してくれたスポンサー企業や関係者、家族のほか、ライバル選手やファンに感謝のメッセージを記し、「2月7日に記者会見を予定しているので、私の気持ちを詳しくお伝えしたいと考えています」とも報告した。

 そして最後は、「最高の車いすテニス人生でした。今後も車いすテニスへのご声援をよろしくお願い致します!」と綴り、自身の代名詞でもある「オレは最強だ!」というフレーズを自身のサインと共に添えている。

 なお、国枝は2021年ウインブルドンで初優勝し、生涯ゴールデンスラム(五輪と全てのグランドスラムを優勝)を達成。グランドスラムでは、シングルス28回、ダブルス22回の計50回優勝を果たしている。さらに、パラリンピックでは金メダルをシングルス3回、ダブルス1回の計4回獲得した実績を持つ。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】国枝慎吾はじめ東京オリンピック・パラリンピックのテニス競技のメダリストたち
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング