専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「私の人生はうまく行く」――全豪予選突破の日比万葉が、5年半の心の葛藤を経て辿り着いた境地【女子テニス】

内田暁

2021.01.20

2015年には19歳で全米オープン予選を突破し、脚光を浴びた日比。苦しみ抜いた末に、再びグランドスラム本戦の舞台に立つ。 (C)Getty Images

2015年には19歳で全米オープン予選を突破し、脚光を浴びた日比。苦しみ抜いた末に、再びグランドスラム本戦の舞台に立つ。 (C)Getty Images

 彼女が目指す精神状態とは、概念としては「自分を信じる」こと。その観念的な目標にどうすれば輪郭を与えられるかと考え抜いた時、最終的には、過去の成功や重ねてきた努力への自負すらも「手放せること」だと思うに至った。

「これだけやったから勝てる――と考えがちですが、それを自信の根拠にしたら、うまく行かなかった時に、自分や周りを攻めちゃうじゃないですか。練習が足りなかったんじゃないかとか、コーチの助言が良くなかったんじゃないかとか。

 だから、『私の人生はうまく行くんだ』って、決める! ちょっと言葉は悪いですが、根拠のない自信って、実は大事なんじゃないかなって思うんです」

 “根拠のない自信”の根拠をロジカルに見極め、それを獲得せんと努めてきた彼女は、「メンタル面で絶対にブレない」との誓いを胸に、今回の全豪オープン予選に挑んでいた。

 試合前に適度な緊張は覚えたが、頭が真っ白になることは、もはやない。初戦で、相手のタイミングを巧みに外して勝利を手にした時、「自分には本戦に上がれる実力がある」との予感が、確信に変わった。
 
 以降の試合でも相手の得意なパターンを封じ、完勝に近い勝利を3つ連ねた時、「よくここまで来たな。嫌になったことも何度もあったけれど、頑張ってきて良かったな」との思いがこみ上げ、たちまち胸を満たしていた。

 自らの手で、文字通りメルボルン行きの切符を勝ち取った彼女は、予選決勝の翌日にドバイからオーストラリアへと飛んだ。 

 思い返せば、初めて本戦に出た全米オープンでは、勢いだけで勝ち上がり、気付けば試合は終わっていたという。「本当の意味での、自分は本戦選手だという自信がなかったから、その後の予選であだれけ緊張したのかな」――そんなふうに、今ならあの頃の自分を俯瞰できる。

 それから5年半。
 今の日比は、自分はここにいるべき選手だとの自信を胸に、本戦のコートへと向かう。

文●内田暁

【PHOTO】昨年の全豪オープンでの日本人選手たちのプレー集
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング