専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「俺の負けだ…」「もっと強くなる」フューリーに衝撃のTKO負け。王座陥落のワイルダーは、プロ44戦目での初黒星をどう振り返った?

THE DIGEST編集部

2020.02.23

フューリー(右)に打ちのめされてリングに沈んだワイルダー(左)が、自身のパフォーマンスを振り返った。 (C) Getty Images

フューリー(右)に打ちのめされてリングに沈んだワイルダー(左)が、自身のパフォーマンスを振り返った。 (C) Getty Images

 現地時間2月22日、ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチがアメリカのラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(イギリス)が、王者のデオンテイ・ワイルダー(アメリカ)に7回1分39秒でのTKO勝ちを収めた。

 壮絶な王座陥落だった。序盤から果敢に前に出たフューリーのプレッシャーに押されたワイルダーは、3回に右のオーバーハンドを左側頭部に食らってダウンを取られると、5回にはボディーを受け、2度目のダウン。次第に防戦一方となり、立ち続けるのがやっとの状態に。

 そして、7回にフューリーの猛ラッシュを受け、ふらつくと、自陣セコンドがタオルを投げ入れ、レフェリーストップとなった。
 
 11度目の防衛に失敗したワイルダー。試合後のフラッシュインタビューでは、「こういうことはある」と素直に完敗を認めた。

「今夜は最強の男が勝った。そういうことさ。この試合のために万全の準備をしたつもりだった。けど、今日は言い訳をするつもりはない。俺の負けだ……」

 さらにワイルダーは、こうも振り返っている。

「俺はもっと強くなって帰ってくる。だから、今日はなんの言い訳をするつもりはない。ベスト同士の対決で盛り上がっただろう。これでヘビー級も盛り上がった」

 プロ44戦目で初黒星を喫したファイターは、この“失敗”からいかに立ち直るのか。ワイルダーの今後の動向に注目したい。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】“世紀の再戦”決着の瞬間! ラスベガスが熱狂したフューリーが7回TKO勝ちを飾ったシーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング