専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技

「ただただ偉大」「倒せる人間はいない」ドネアとの流血死闘を制した井上尚弥を“戦友”パヤノが絶賛!

THE DIGEST編集部

2019.11.07

見事にWBSSを制した井上。そんな日本人ファイターにKO負けを喫していたパヤノが賛辞を贈った。 (C) Getty Images

見事にWBSSを制した井上。そんな日本人ファイターにKO負けを喫していたパヤノが賛辞を贈った。 (C) Getty Images

 日本人ファイターが偉業を成し遂げた。  11月7日にさいたまスーパーアリーナで、ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝が開催され、WBA・IBF王者の井上...
 日本人ファイターが偉業を成し遂げた。

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで、ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝が開催され、WBA・IBF王者の井上尚弥が、フィリピンの5階級制覇王者ノニト・ドネアと対戦し、3-0の判定勝ちで、見事に大会を制した。

 立ち上がりにドネアに主導権を握られ、4ラウンド目には左フックを喰らって右目からキャリアで初の出血をした井上だったが、徐々に落ち着きを取り戻すと、終盤の11ラウンド目には見事なボディーを見舞ってダウンを奪取してみせた。

 12ラウンドの死闘を制して、バンダム級世界最強のファイターとなった井上。そんな日本人の強さを元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノが絶賛していた。
 

 昨年10月7日に横浜アリーナで開催された両雄の対戦では、井上が開始70秒で鮮烈なワンツーでパヤノの顎を射抜き、キャリアで一度もKO負けを喫したことがなかったドミニカの難敵を失神させ、勝利を奪っていた。

 井上の強さを実際に体感していたパヤノは、ドニア戦を前にアメリカのボクシング専門メディア『Boxing Scene』で、「イノウエはただただ偉大なんだ」と語り、さらに次のように言い放っていた。

「私はプロとアマチュアで世界最高の男たちと戦ってきたが、彼は全てにおいて圧倒的で、異次元だ。イノウエを倒せる人間なんていないじゃないかな」

 劣勢から盛り返してドニアを打ち破った井上。そのパフォーマンスは、アマチュア時代を含めて、425勝21敗という凄まじい戦歴を誇るパヤノの力説を証明するものとなったと言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング