専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

高3でイップスを経験した淺井咲希。ライバルにも助言を求める「ゴルフへの執念」は同世代でも群を抜く【黄金世代の歩み】

山西英希

2020.06.07

ゴルフに対する執念と同世代の選手から受ける刺激が、淺井の成長を促している。(C)Getty Images

ゴルフに対する執念と同世代の選手から受ける刺激が、淺井の成長を促している。(C)Getty Images

 今やツアーには欠かせない黄金世代の面々だが、どの選手もスランプに喘いだ時期は必ずある。昨年のCAT Ladiesで同世代9人目となるツアー優勝を飾った淺井咲希も例外ではない。

 淺井がゴルフを始めたのは6歳のときだ。父親である靖宏さんの厳しい指導の下、地元である兵庫県や関西の大会では常に上位に顔を出すまでに成長した。中学時代はもちろん、高2まで一度も予選落ちがなかったというから驚く。ところが、高3になって状況が一変する。パッティングのイップスにかかり、思うように手が動かなくなったのだ。その結果、高3では一度も予選を通ることができなかった。

「団体戦でのことです。1メートルのパットを打ったら、カップをクルリと1回転して自分の足に当たりそうになったのがきっかけです」

 メンタルが原因とされるイップスに陥るとどんな名手でもスコアにならないと言われるが、18歳の女子にはシビアすぎる問題だった。

「高校を卒業したらプロになろうと考えていましたが、断念するつもりでした。ただ、父と話し合った結果、1度は受験してほしいと言われたので、最初で最後のチャレンジだと思い、プロテストを受けることにしたんです」
 
 受けると決めたからには、全力を尽くすのが淺井のポリシーでもある。最終テストの会場となる富山県の小杉CCに何度も足を運び、コースチェックを兼ねた練習ラウンドを行なった。その甲斐あってか、プロテストには一発合格を果たす。しかも、練習ラウンドの際、淺井の受け答えやゴルフに取り組む真摯な姿勢がコース関係者の目に留まり、合格後になんと所属契約を結ぶまでに至ったのだ。淺井にしてみれば、感謝の気持ちが強かったのだろう。CAT Ladiesでの優勝副賞であるミニ油圧ショベルを小杉CCに寄贈し、義理堅さを持つ一面も見せた。

 プロテストに合格してからも、淺井はパッティングには悩まされ続ける。昨年もグリップをクロウグリップやクロスハンドグリップなど、そのときの感覚によって変え、パターもいろいろなものを試した。それでも3パットはもちろん、4パットすることも少なくなかった。優勝したCAT Ladiesでも最後にハッとする場面があった。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング