専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

【箱根駅伝予選会】順天堂大、余裕のトップ通過!前回大会11位の中央学院が、わずか37秒差で予選落ち

THE DIGEST編集部

2020.10.17

昨年の予選会の様子。今年は17日に箱根出場権をかけ各校がぶつかり合う。写真:産経新聞社

昨年の予選会の様子。今年は17日に箱根出場権をかけ各校がぶつかり合う。写真:産経新聞社

 10月17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地にて「箱根駅伝予選会」が開催され、46校の学生たちが駆け抜けた。同大会は、各校10人以上、最大12人が出走し、上位10人の合計タイムで競い、その10位までが来年1月に開催される箱根駅伝の本戦出場権を獲得する。

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!

 冷たい雨が降る中、レースがスタート。5キロ手前でヴィンセント(国士舘大)ら留学生が飛び出す展開となった。日本選手トップ争いは、森凪也(中央大)、吉居大和(中央大)、池田耀平(日本体育大)、西研人(筑波大)ら6人で進められたが、17キロ辺りで後ろから菊地駿弥(城西大)らが集団を捉えると、13人ほどの大集団を形勢。最後は、超大型ルーキー三浦龍司(順天堂大)が1時間1分41秒で日本人トップを制した。同記録は、大迫傑の持つハーフマラソンU20の記録を6秒更新した。またR・レメティキ(拓殖大)が、1時間0分13秒で全体のトップでフィニッシュしている。

 10名の合計タイムは今年も熾烈な争いとなった。日本選手トップの称号を手にした三浦を擁する順天堂大は、余裕の1位通過。そして名門中央大は2位。山梨学院大は2年ぶりに本戦出場権を手にした。一方、前回の本戦で11位だった中央学院大は37秒差で落選となった。
 
 予選会の結果は以下の通り。

1位 順天堂大 10時間23分34秒
2位 中央大 10時間26分13秒
3位 城西大 10時間29分37秒
4位 神奈川大 10時間29分59秒
5位 国士舘大 10時間30分38秒
6位 日本体育大 10時間30分49秒
7位 山梨学院 10時間30分50秒
8位 法政大 10時間33分31秒
9位 拓殖大 10時間33分46秒
10位 専修大 10時間33分59秒
―――――(通過ライン)――――――
11位 筑波大 10時間34分17秒
12位 中央学院 10時間34分36秒

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング