専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

”絶対女王”の圧巻ラストランにライバルたちも脱帽「アーモンドアイはやはり強かった」

THE DIGEST編集部

2020.11.30

ルメール騎手は「彼女は日本でいちばん強い馬。それを証明できて、とても嬉しい」と愛馬を労った。写真:産経新聞社

ルメール騎手は「彼女は日本でいちばん強い馬。それを証明できて、とても嬉しい」と愛馬を労った。写真:産経新聞社

「三冠馬」3頭の直接対決として日本のみならず、世界的にも注目を集めた第40回ジャパンカップ(GⅠ、芝2400m)が11月29日、東京競馬場で行われ、1番人気に推されたアーモンドアイ(牝5歳/美浦・国枝栄厩舎)が優勝。JRA史上最多である芝のGⅠレース勝利を「9」に伸ばすとともに、これまでキタサンブラックが持っていた記録を抜いて獲得賞金でもJRA歴代1位(19億1526万3900円)となった。2着にコントレイル(牡3歳/栗東・矢作芳人厩舎)、3着にはデアリングタクト(牝3歳/栗東・杉山晴紀厩舎)が入着。三冠馬が1~3着を占めて、偉業を達成した馬たちが図抜けた能力の高さを見せつける結果となった。

 40回目を迎えたジャパンカップは底力が試されるタフなレースになった。

 先行争いを制したキセキは、先頭に立つと後続をぐんぐん引き離して”大逃げ”を打ち、2番手以下を10馬身以上の差を付けて飛ばしに飛ばす。抜群のスタートをきったアーモンドアイは馬群の前目という好位置を確保すると、デアリングタクトとコントレイルはその”絶対女王”を目の前で見るポジションでレースを進めた。キセキが刻んだ1000mの通過ラップは57秒9と、時計がかかる馬場状態においては”超”の字がつくハイペースだ。
 
 そして迎えた直線。逃げ込もうと粘るキセキを目がけて後続が猛追を開始する。早めに仕掛けたグローリーヴェイズが馬群から抜け出すが、そこで力強い末脚を繰り出してスパートを開始したのはアーモンドアイ。キセキとグローリーヴェイズをかわして残り100m付近で先頭に躍り出ると、コントレイル、デアリングタクトの急追を寄せ付けず、有終のゴールへと飛び込んだのだった。

「天皇賞(秋)はGⅠ最多勝の新記録のことでプレッシャーがかかっていたから泣いてしまいましたが、きょうはリラックス! きょうはサヨナラ・パーティーですね(笑)。アーモンドアイの手応えはずっと良くて、最後まで頑張って走ってくれました。彼女は日本でいちばん強い馬。それを証明できて、とても嬉しいです」

 クリストフ・ルメール騎手はそう語り、このレースを最後に現役を退く愛馬について、「アーモンドアイのストーリーはまだ終わっていません。彼女はお母さんになるけど、子どもにも乗りたい。その時にはまた応援してください」と笑顔で締めた。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング