専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

創価大が“予想外”の往路初V!「本当によく走ってくれた」と榎木監督が選手を称賛【箱根駅伝】

THE DIGEST編集部

2021.01.02

初の往路優勝に導く走りをみせた5区三上雄太。写真:アフロ

初の往路優勝に導く走りをみせた5区三上雄太。写真:アフロ

「第97回箱根駅伝」は2日に往路が行なわれ、創価大が初の往路優勝を果たした。2位東洋大、3位駒澤大、4位帝京大、5位東海大と続いた。昨年優勝の青山学院大は12位と苦しい展開で往路を終えた。

 創価大は終始安定したレースをみせた。1区福田悠一がトップと15秒差の3位で2区のフィリップ・ムルワに襷を繋ぐと、ムルワは1つ順位を上げ2位へ。3区を任された葛西潤は順位をキープしたまま4区の嶋津雄大へと襷リレー。

 トップの東海大と34秒差の2位で襷を受けた嶋津は、序盤から積極的なレースを展開した。6キロ手前で前を走る東海大をとらえると、そのまま一気に抜き去り2位駒澤大との差を1分42秒に広げ、5区三上雄太へ襷を繋いだ。5区を任された三上は落ち着いた走りをみせた。駒澤大のルーキー鈴木芽吹や東洋大の宮下隼人らが猛追する中、淡々と自分のペースを守りきり、襷を芦ノ湖へと運んだ。
 
 レース後、三上は「今は走り切ったことで、出し切ったというか、安心しかないので、その気持ちでいっぱいです」と率直な想いを明かした。レースを振り返り、「1区から4区までの選手がいい順位で持って来てくれたので、その流れをしっかりと復路の人たちに繋ごうって思いで走りました」とコメント。

 出場4回目にして往路優勝を飾った創価大。榎木監督は「全く往路優勝は予想していなかったので、選手たちが本当によく走ってくれた」と選手を称賛。明日へ向けて「予想していなかった往路優勝ですので、先頭走る喜びというのを楽しみながら、残りの5区間の選手たちが走ってくれればいいな」と語った。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング