専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

【フェブラリーS】ダート戦線の「世代交代」を告げたカフェファラオの初戴冠。”勝ちに行く”競馬に騎手も手応え

三好達彦

2021.02.23

ルメール騎手は「今日は本当のカフェファラオの姿を見せてくれました」と手応えを語った。写真:産経新聞社

ルメール騎手は「今日は本当のカフェファラオの姿を見せてくれました」と手応えを語った。写真:産経新聞社

 今年最初のJRA・GⅠとなるフェブラリーステークス(東京・ダート1600m)が21日に行われ、単勝1番人気に推されたカフェファラオ(牡4歳/美浦・堀宣行厩舎)が優勝。2着には9番人気のエアスピネル(牡8歳/栗東・笹田和秀厩舎)、3着には8番人気のワンダーリーデル(牡8歳/栗東・安田翔伍厩舎)が入り、3連単は1017.1倍の波乱となった。

 ダート戦線の世代交代を告げるような、4歳馬の鮮やかな戴冠劇だった。
 昨年暮れのチャンピオンズカップ(GⅠ、中京・ダート1800m)で6着に敗れていたカフェファラオ。道中の行きっぷりも、ラストの伸びも本来のものではないと感じ取った陣営は、中間の調整過程でさまざまな工夫を講じて懸命の立て直しをはかった。左右を見えにくくして前方に意識を集中させるため、頬の部分に装着するボア状の馬具「チークピーシーズ」を用いたのもその一つ。本稿のレビュー記事で触れたように、これまでも不調をかこった管理馬の数々を復活へと導いた実績を持つ堀宣行調教師だけに、その手腕に注目が集まったが、これがズバリと的中した。

 好スタートから3番手の好位にポジションをとったカフェファラオは1000mの通過が58秒5という速い流れを余裕のある手応えで追走。直線の半ばで鞍上にゴーサインを出されると、力強く馬群を抜け出して先頭へと躍り出る。最後は後方から猛然と追い込んだエアスピネルに迫られはしたものの最後まで集中力を切らさずに駆け抜け、歴戦の古豪を3/4馬身抑えてゴール。展開に結果を委ねる他力本願ではなく、いわゆる”(自分で)勝ちに行く”競馬をして掴んだ初のビッグタイトルだけに価値は高い。

「今日は本当のカフェファラオの姿を見せてくれました。馬の状態はとても良かった。2歳のときから高い能力を感じていて、絶対にGⅠを勝てると思っていたので、この勝利はとても嬉しいです」とは、スタッフと意見交換しながらパートナーを勝利へ導いたクリストフ・ルメール騎手。方や堀調教師は、「嬉しさより、ようやく結果を出せたという思いのほうが強かった」と語り、厚い支持に応えた安堵の気持ちをにじませた。
 
 8歳になってもなお衰えを見せぬ走りで2、3着に食い込んだエアスピネルとワンダーリーデルには、スタッフならずとも頭が下がる思いだ。

 逆に、人気に応えられなかった2頭、4着のレッドルゼル(牡5歳/栗東・安田隆行厩舎)と9着のアルクトス(牡6歳/美浦・栗田徹厩舎)は、両馬のジョッキーがともに「状態は良く、現時点での力は出し切っての結果」とのコメントを残し、完敗を認める形になった。

 プレビューで穴馬として取り上げたソリストダンサー(牡6歳/栗東・高柳大輔厩舎)も伸びきれず8着に敗退。昨秋の武蔵野ステークス(GⅢ、東京・ダート1600m)で鋭く追い込んで2着に入っていたが、舞台が自身初のGⅠともなると、その激しい流れに対応しきれなかった。筆者自身も完敗を認め、過大に期待した不明を恥じるばかりである。

文●三好達彦

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング