専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

「日本人初のチャンピオンよ!」松山英樹、圧巻のマスターズ初制覇に米熱狂!「デコボコのバックナインを…」

THE DIGEST編集部

2021.04.12

最後は2位に1打差で逃げ切った松山。85回目のマスターズ王者に輝いた。(C)Getty Images

最後は2位に1打差で逃げ切った松山。85回目のマスターズ王者に輝いた。(C)Getty Images

 ついに、ついに悲願成就だ。

 現地4月11日、PFAツアーのメジャー『マスターズ』は最終日を迎え、2位と4打差の首位でスタートした松山英樹が、4バーディ・5ボギーと大いに苦しみながらもリードを守り切り、2位と1打差の通算10アンダーで初優勝を飾った。自身にとっても、日本人選手にとっても、そしてアジア人選手にとっても初のマスターズ制覇だ。

【関連ムービー】松山英樹が悲願のマスターズ制覇! ウイニングショットの瞬間はこちら!

 29歳が成し遂げた快挙を速報で報じたのが、米ゴルフ専門誌『Golf Digest』。「ヒデキ・マツヤマがデコボコなバックナインを耐え凌いで、オーガスタ・ナショナル初の日本人チャンピオンに輝く!」と題し、次のように最終日のラウンドを評した。

「ずっと、すべての視線はヒデキに注がれていた。1番でボギーもすぐさま2番でバウンスバックを決め、さらに8番、9番でもバーディを奪って13アンダーとし、“サンデイ・バックナイン”に向かった。ウィル・ザラトリス、ザンダー・シャウフェレが猛烈な突き上げを敢行したが、ヒデキは常に注意深く、冷静さを失わない。リードを手堅く守って、追撃者をじわじわと放しにかかった。
 
 しかし、終盤にゴルフの神は与え、そして奪うのだ。15番でヒデキが池に入れてボギーで終わったのに対して、シャウフェレは4連続バーディを沈めて一気に2打差に詰め寄る。ところが16番で今度はシャウフェレが池に落としてトリプルボギー。ヒデキはボギーでなんとか差を広げた。
 
 大事な17番でストレスフリーなパーを決めて、勝負あり。18番を前にザラトリスとのストローク差は2。最後はボギーも余裕を持って逃げ切り、ギャラリーの喝采を浴びた」

 夢にまで見たグリーンジャケットに袖を通した松山。夕焼けのオーガスタに感涙が光った。

構成●THE DIGEST編集部

【関連ムービー】松山英樹が悲願のマスターズ制覇! ウイニングショットの瞬間はこちら!
NEXT
PAGE
【関連ムービー】松山英樹が悲願のマスターズ制覇! 第1打からウイニングショットまで最終日の全73ショットをチェック!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング