専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「価値あるポイントを積み上げた」角田裕毅の9位入賞にアルファタウリは歓喜!本人は同僚のリタイヤで「大きな責任がのしかかった」

THE DIGEST編集部

2021.10.25

6戦ぶりの入賞を果たした角田に賛辞が寄せられている。(C)Getty Images

6戦ぶりの入賞を果たした角田に賛辞が寄せられている。(C)Getty Images

 F1第17戦のアメリカ・グランプリは現地時間10月24日に決勝が行なわれ、10番手からスタートしたスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は9位入賞、6戦ぶりのポイント獲得(2)を果たした。

 フリー走行では振るわなかったものの、予選でQ3進出を果たして10番手のグリッドを手に入れた彼は、大多数のドライバーとは違ってソフトタイヤでのスタートとなり、これを活かしてレース開始直後に前の2台を抜き去ると、ヴァルテリ・ボッタスに対して見事なディフェンスを披露。その後もランス・ストロールに対する鋭いオーバーテイクや、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソら歴代王者をしっかり抑え込むなど、最後まで安定感を保ち、9位のポジションを守り切った。

 同じく9位入賞を飾ったデビュー戦のバーレーンGPを思い出させるような印象の強いレースを展開したルーキーは、自身のSNSで「チームのためにポイントを獲得できてとても嬉しいです。ソフトタイヤでのスタートはチャレンジングでしたが、戦略は機能し、ペースも良かったです。この週末のチームの働きには本当に感謝しています」と満足感を示した他、チームの公式サイトでも、ポジティブにこの週末を振り返っている。
 
「今日は良い1日になりました。チャンピオンシップ争いのための貴重なポイントをチームに持ち帰ることができたので、本当に嬉しいです。とても暑い中でタフなレースになりました。ソフトタイヤでのスタートで、周りのマシンとは異なる戦略だったので楽ではなかったですが、オープニングラップではアドバンテージを最大限に活かそうとトライしました。今日のペースはかなり良かったので、ポイントを獲得できて満足しています」

 またレース後の公式インタビューでは、15周でリアのサスペンション・トラブルでレースを終えたピエール・ガスリーにも言及し、「途中でチームメイトがリタイヤしたことで、チャンピオンシップ争いのこともあり、大きな責任がのしかかってきました。僕自身、長い間ポイントを獲れていなかったし。だから、この結果はとても嬉しいです。バトルも楽しめました」と語っている。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング