専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

「偉大なアスリートを失い、凄くガッカリ」日本国籍を選択した笹生優花にフィリピン記者は嘆き「誰が彼女を責める?」

THE DIGEST編集部

2021.11.04

フィリピン代表として東京五輪に参戦した笹生だが、日本国籍を選択した。(C)Getty Images

フィリピン代表として東京五輪に参戦した笹生だが、日本国籍を選択した。(C)Getty Images

 日本人の父とフィリピン人の母を持つ女子ゴルファー笹生優花が、日本国籍を選択したことを明かした。これまで2つの国籍を保持していた弱冠二十歳の新鋭は、今夏の東京五輪にはフィリピン代表として出場していた。

 米国女子ツアーを主戦とする笹生は、11月4日に開幕する『TOTOジャパンクラシック』に参戦予定だ。国内女子ツアーは5月の『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』以来、約5か月ぶりとなる。

 そんな久々の国内ツアーに向けた会見で、日本の国籍法に従い国籍の選択を迫られた20歳は、「フィリピンでは二重(国籍)でも全然問題ない。選ばなければならないのは日本のルール」と説明したうえで、「自分はいつ日本に変えようとか、あまり深く考えたことが無かったですが、いずれかは日本の国籍を選ぶだろうなと思っていた」と内に秘めた想いを口にした。

 結果的に父の母国を選んだ笹生。しかし「どっちを選ぼうと日本人でもあるし、フィリピン人でもあるので」と考えは大きく変わらないようだ。
 
 一方でフィリピンでは小さくない波紋が広がっている。6月の『全米女子オープン』を初制覇した期待のゴルファーを手放すことに地元紙『Philippine Star』のルイサ・モラレス記者は、「誰が彼女を責めることができる?」と問いかけながらも、「ユウカのような偉大なアスリートを失い、凄くガッカリしている」と嘆いた。

 今大会後にはふたたびアメリカへ渡り、現地時間11月11日からフロリダ州で行なわれる『ペリカン女子選手権』に出場を予定する笹生。日本を代表するゴルファーへの成長を期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】金田久美子、原英莉花、安田祐香、脇元華…日本女子ゴルフが誇る"美女ゴルファー"を厳選フォトで一挙紹介!
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング