専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

張本/早田の“はりひなペア”が混合ダブルス決勝進出! 2-0から追いつかれるも怒涛の攻勢で熱戦制す【世界卓球】

THE DIGEST編集部

2021.11.29

中国とアメリカの国際ペアを相手に完勝を収めた張本(左)と早田(右)。金メダルへの大きな希望を抱かせるパフォーマンスだった。(C)Getty Images

中国とアメリカの国際ペアを相手に完勝を収めた張本(左)と早田(右)。金メダルへの大きな希望を抱かせるパフォーマンスだった。(C)Getty Images

 追い込まれても冷静だった。

 現地時間11月28日、アメリカのヒューストンで世界卓球の混合ダブルス準決勝が行なわれ、日本の張本智和と早田ひなのペアは、アメリカの絶対的エースであるチャン・リリー(アメリカ)と中国のスターである林高遠(中国)の国際ペアと激突した。

 11月の代表合宿から組んでいるとは思えない快進撃を見せてきた“はりひな”ペア。会場は相手側を後押しする声援がこだまする文字通りアウェーとなったが、二人は一切動揺する素振りを見せずに堂々たるパフォーマンスを披露する。

「絶対に欲しかった」という第1ゲームを逆転で11-9ともぎ取ると、続く第2ゲームは、4-0から連続して張本が台から離れた場所からのスーパーショットを成功させるなど勢いに乗って11-1で圧倒した。だが、ここから強敵ペアが猛反撃に転じる。守勢に回った日本のペアは第3ゲームを6-11と落とすと、第4ゲームも粘りながらも8-11で競り負けてしまう。
 
 最終セットまでもつれこんだ。しかし、「もう一回、ゼロからの気持ちで戦おう」(張本)と第4ゲーム後に目の色を変えて臨んだ張本と伊藤は、いきなり5連続ポイントで主導権を握ると、そこから一気呵成に押し切って11-2で奪取。結局、ゲームカウント3-2で試合をモノにした。

 苦しみながらもなんとか勝ち切った。試合後にフラッシュインタビューに応じた張本は「本当に先輩方が凄い歴史を作ってくださっている。ここまで来たら自分たちも金メダルを取れるようにしたい」と決勝へ意気込む。そして早田も「お互いに勢いがある。最後も思い切って楽しみたい」とはにかんだ。

 同日中に行なわれる決勝の相手は中国の王楚欽/孫穎莎という強敵ペアだが、自信を深める「はりひな」は、悲願の金メダルを手にできるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】会心の「チョレイ!」張本/早田の黄金ペアが勝利した瞬間をチェック

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング