専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「期待をはるかに下回る試合」井上尚弥、8回TKO勝利もまさかの“謝罪”。今後は「スーパーバンタム級での戦いも視野に」

THE DIGEST編集部

2021.12.14

2年ぶりの凱旋マッチで快勝を抑めた井上が、試合内容を振り返っている。(C)Getty Images

2年ぶりの凱旋マッチで快勝を抑めた井上が、試合内容を振り返っている。(C)Getty Images

 またしてもモンスターが圧巻の勝利だ。

【動画】ダスマリナスが苦悶の表情に…井上尚弥が炸裂させた左ボディーでのKOシーンをチェック

 12月14日、ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋ジム)が、東京・両国国技館にてIBF同級5位のアラン・ディパエン(タイ)と対戦。下馬評通りの一方的な展開で8回TKO勝ちを収め、2つのタイトル防衛に成功した。

 序盤から井上がリングの中央を取った試合は、外側を回らされるディパエンが劣勢のままラウンドが進んでいく。そして7回に右フックを炸裂させた井上が、続く8回に左ストレートでダウンを奪取。なんとかディパエンが立ち上がるも、最後はレフリーがやむを得ずに試合を止めた。
 
 今年6月のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦以来、約半年ぶりのリングで勝利した井上。直後のフラッシュインタビューでは「戦前の予想、期待をはるかに下回る試合をしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と始めると、次のように試合を振り返った。

「この試合に向けて練習していたリード、ジャブはすごい手ごたえがあったんですけど、やっている最中はこれ効いているのかというくらい表情も出さず、淡々とタフさを出してきたので、やっているこっちがメンタルやられそうで、俺、パンチないのかなと感じてしまうくらいタフでしたね」

 最優先の目標としては“4団体統一”を狙う28歳。ノニト・ドネア(フィリピン)といったターゲットとのファイトが期待されるなか、次戦については「ドネアとの試合もあれば、スーパーバンタム級での戦いも視野に入れて、これから話し合っていきたいと思います」とコメントした。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング