専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「二度と起こしてはならない」パリ組織委が”ワリエワ騒動“に言及! 2024年は「ドーピング撲滅に100%取り組む」【北京五輪】

THE DIGEST編集部

2022.02.16

SPの演技後に涙する姿も見られたワリエワ。出場継続は認められているが、違反の有無が問われるのはこれからとなる。(C)Getty Images

SPの演技後に涙する姿も見られたワリエワ。出場継続は認められているが、違反の有無が問われるのはこれからとなる。(C)Getty Images

 2月15日のフィギュアスケート女子シングルショートプログラムで82・16点を叩き出して首位発進を決めたカミラ・ワリエワ(ロシアオリンピック委員会)。しかし今大会は、金メダルを獲得した団体戦の翌日にドーピング違反が明らかとなり、フィギュアスケート界に波紋を広げ続けている。

【北京五輪PHOTO】衣装も個性爆発! フィギュア女子SPで演技した30人全員の華やかな姿を一挙見せ!

 シングル戦で獲得したメダルも剥奪される可能性があり、異例の事態となっている同騒動。2024年パリ夏季五輪・パラリンピックの大会組織委員会が声明を寄せた。現地時間2月15日、英衛星放送『Sky Sport』など複数メディアがその内容を伝えた。
 
 記事によると、同委員会は「ドーピング撲滅に100パーセント取り組んでいる」とアピールしたうえで、「競技の公正性を確保し、アスリートの保護に向けてすべての関係者と緊密に連携している」と発表。2年後に控えるパリ大会の開催へ徹底した対策を強調した。

 また、ワリエワは疑惑が完全に拭えた状態でないままの参加となっているが、この事態に「二度と起きないようにしなければならない」と指摘。「我々の最優先事項は、アスリートの権利と競技の完全性を守る効果的な反ドーピングプログラムの開発と実行だ」と宣言した。

 ドーピング問題の渦中で見事なパフォーマンスを見せている“金メダル最有力候補”だが、まだこれから新しい判決が下される可能性もある。はたして今後はどのような展開が待っているのか。まずは、17日に行なわれるフリースケーティング(FS)の演技に注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

【北京五輪PHOTO】驚異の90.18点で衝撃的な五輪デビュー!ロシアが誇る逸材カミラ・ワリエワ!

【関連記事】ワリエワ陽性報道の英ジャーナリストに毒殺予告…「薬は飲みましたか?」の質問に露メディア団が激怒する場面も

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング