専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「唯一無二にしてみせる」初代IWGP女子王者KAIRIが誓ったベルトの『価値』”次期エース候補”林下詩美の要求には「興味があった」と受諾

THE DIGEST編集部

2022.11.21

KAIRIが岩谷麻優との激闘を制し、初代IWGP女子王者に載冠した。写真:新日本プロレス

KAIRIが岩谷麻優との激闘を制し、初代IWGP女子王者に載冠した。写真:新日本プロレス

 ブシロード傘下のプロレス団体、「新日本プロレス」と「スターダム」は初の合同興行『Historic X-Over』11.20東京・有明アリーナ大会を開催した。
 
 メインイベントはIWGP女子初代王者決定トーナメント決勝戦。“スターダムのアイコン”こと岩谷麻優と、KAIRIが5年5か月ぶりに対戦した。前日の大阪大会で岩谷はTLCマッチを制し、KAIRIはワンダー・オブ・スターダム王座に挑戦し、上谷沙弥と30分フルタイムドローの激戦を繰り広げている。
 
 試合は、お互いの空白期間を埋めていくような静かな立ち上がりだったが、花道を使った技の応酬や、激しい打撃戦を展開。終盤、岩谷は二段式・ドラゴンスープレックスの体勢に入るもKAIRIはこれを回避して、必殺のインセインエルボーを放つも、カウントは2。驚きを隠せないKAIRIだったが、最後は2発目のインセインエルボーが決まり、3カウントを奪取。世界的な知名度で勝るKAIRIが初代IWGP女子王者を戴冠した。
 
 試合後KAIRIが、「次、できれば1.4東京ドームで試合をさせて頂けたらと思います。生まれたてのピッカピカのベルトに挑戦したい子、いるんだろうか?」とアピールすると、中野たむが登場し挑戦を表明した。

 最後にKAIRIは、IWGPの創設者である故・アントニオ猪木さんに敬意を表し、「1、2、3、ダー!」で歴史的な合同興行のエンディングを締めた。KAIRIと岩谷によるシングルマッチは「新日本」と「スターダム」、”男子”と”女子”の枠を遥かに超えた素晴らしいメインイベントだったと言っていいだろう。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング