専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「忘れない選手が1軍に残る」開幕1軍を狙うヤクルト高卒2年目の濱田太貴はメモ魔

山本祐香

2020.02.19

「打率も残せるバッターになりたい」と意気込む濱田は、走塁や外野守備も向上しているようだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

「打率も残せるバッターになりたい」と意気込む濱田は、走塁や外野守備も向上しているようだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 2020年シーズン開幕まであと1か月。

 開幕1軍を確約されていない若手にとっては、オープン戦が始まるここからが勝負となる。ヤクルトの高卒2年目、濱田太貴もそのひとりだ。

 高校通算45本塁打、思い切りのいいスイングが魅力で将来のクリーンアップ候補と期待される右の大砲は、1軍キャンプで濃密な日々を送っている。

「いい緊張感の中でやっています」と語る濱田が今季1軍の戦力となるためには、守備や走塁のレベルアップが必須だ。この春は、河田雄祐外野守備走塁コーチがマンツーマンで濱田に指導をしてきた。

 河田コーチは、濱田をこう評価する。
 
「打つ方がメインの選手なんだけど、走塁などにも意欲的でアグレッシブさが非常に出る子。そういうのを見ていて、もうひとつふたつレベルが上がってくれたらと思っている。第1クールはできていたのに第2クールはできなくなるとか、繰り返し言わないといけないところもあるけど、外野の守備でいえば打球判断が良くなったし、走塁もちょっとずつ良くなって、帰塁が速やかになった。スライディングが良くなったりしている」
 
 河田コーチに基礎から細かく教わっている濱田は「『忘れない選手が(1軍に)残るぞ』とコーチに言われた」とその指導内容を忘れないようにメモをとっている。また、先輩方の練習を見て気になることがあれば、「どうやっているんですか」と積極的に聞く。この春季キャンプで、できるだけ多くのことを吸収するつもりなのだ。

 得意の打撃でも新たな目標を定めている。

「長打を打てる人がいっぱいいるので、打率も残せるバッターになりたいと思っています。チャンスに強いバッターになりたいと思って、そういう練習をしています。打ち損じをしないように、追い込まれる前に勝負できるよう集中して、ファウルにしないようにしています」

 そんな濱田の打撃について、松本ユウイチ打撃コーチは「バットはしっかり振れている。あとは選球眼かな。試合の勘がまだ戻っていない」と話す。これから実戦を重ねていく中で、ボールを見極める力をつけていく必要がある。

 他に、今の濱田に必要なことは何か。
 河田コーチからはこんな答えが返ってきた。

「体に『軸』ができてくれたら一番いいね。バッティングを見ていてもそうなんだけど、いいバッターなのにどこかちょっとふらっとしているように感じる。何をやるのでも、体に『軸』がないといけない」

 昨季はシーズン終盤に1軍登録され2試合に出場、5打数無安打という結果だった。
 まだ高卒2年目、焦る必要はない。それでも、河田コーチもいう「元々野球センスのある子」である部分が見え隠れするたびに、早く1軍で活躍する姿を見てみたいと大きな期待を抱いてしまう。特に打撃においては、それだけポテンシャルを感じる選手だ。

 1軍キャンプ参加者のうち最年少の濱田は、開幕を1軍で迎えられるか。残り1か月、メモをとりながら練習に励んだ成果をオープン戦で見せつけたい。

文●山本祐香(タレント・スポーツライター)

【著者プロフィール】
やまもと・ゆうか/タレント活動をする傍ら、愛して止まない野球の“現場の声”を自ら届けるため、2015年よりライターとしても活動。主に日本のアマチュア野球を取材し、『スポチュニティ』などウェブ媒体を中心に執筆している。

【ヤクルトキャンプPHOTO】ファンから拍手が沸き起こる好プレーの連続!ヤクルトが充実した練習を実施!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング