専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「このタイミングで順位が下がるのは嫌」相次ぐ主力流出でも西武の新主将・源田壮亮が前向きなわけ

花田雪

2020.02.25

3連覇を狙う西武の新キャプテンに就任した源田は、相次ぐ主力流出にも「焦りは不安」はないという。写真:滝川敏之

3連覇を狙う西武の新キャプテンに就任した源田は、相次ぐ主力流出にも「焦りは不安」はないという。写真:滝川敏之

「焦りや不安といった、ネガティブな雰囲気は全くないですね」

 埼玉西武ライオンズの新キャプテン・源田壮亮は、新シーズンを迎えるチームについて、そう語ってくれた。

 2年連続でリーグ優勝を果たしているとはいえ、チーム不動のセンターでリードオフマンだった秋山翔吾がシンシナティ・レッズへと移籍。昨年の菊池雄星、浅村栄斗、炭谷銀仁朗に続き、2年連続で「優勝の立役者」がチームを去った。戦力がダウンしているのは、間違いない。

 それでも「ネガティブな雰囲気はない」と言い切る源田の言葉に嘘がないのは、宮崎・南郷スタジアムで行われた春季キャンプを見れば明らかだった。
 
 源田を筆頭に、森友哉、山川穂高といった主力選手が練習からのびのびとプレーし、大きな声で選手たちを鼓舞する。V2の自信か、はたまた新チームへの手ごたえがそうさせるのか、確かにチーム全体からマイナスの感情は一切感じられない。

 そもそも、FA制度導入以降の西武は「主力流出」と常に向き合いながらチーム作りを行ってきた。過去、FAで他球団に移籍した選手の数は実に19人。これは12球団最多の数字だ。1980~1990年代前半のような「常勝軍団」を作ることは難しくなったが、それでもコンスタントにリーグ上位を維持し続けてきた歴史が、西武という球団にはある。

「焦りはない」と源田が語るのも、そういった過去の歴史、さらに言えば3名もの主力が抜けながらリーグ連覇を果たした昨季の自信があるからだろう。

 もちろん、チームの現状を楽観視しているわけではない。源田自身も「戦力が落ちたのは間違いない」と認めつつ、新たな戦力の台頭、さらには現有戦力の底上げに大きな手ごたえを感じているのだ。

「若い選手はとにかく目の色を変えて『自分がポジションを奪うんだ』という気持ちでプレーしています。秋山さんが抜けた穴はそう簡単に埋まるものではないけど、そうやってたくさんの選手が少しずつ『埋める努力』をすることで、傷も最小限に抑えられるんじゃないかなと。僕自身にも、当然変化はあります。クリーンナップが12球団で一番強力なので、昨季までは基本的に『つなぐ』事しか考えていませんでした。『自分が決めてやろう』と思った瞬間は、1年間通してもほぼなかったと思います。ただ、今年はもう少し欲を出してもいいのかなと。状況次第では『決めてやろう』というつもりで打席に立つ機会も増えるかもしれません」
 
NEXT
PAGE
西武の原動力になっているものとは?

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング