専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

NPBとJリーグが共同で“新型コロナウイルス対策連絡会議”を設置。「スポーツ界全体の対応力強化を目指す」

THE DIGEST編集部

2020.03.02

満員のファンの前で試合ができる日はいつになるだろうか…。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

満員のファンの前で試合ができる日はいつになるだろうか…。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 3月2日、一般社団法人・日本野球機構(NPB)は、公益社団法人・日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立することを公式サイトで発表した。

 NPBとJリーグがタッグを組み、今月3日より本会議が設置され、「専門家チーム」の指導の下、競技に携わる選手や指導者、スタッフの安全確保はもちろんのこと、スポーツ観戦者、社会全体を守っていくべく、様々な対策を検討していくという。
 
 目的としては、「新型コロナウイルスの感染状況を的確に収集・分析した上で、試合の開催やスタジアム運営の在り方及び、選手等の感染防止に関する情報や対策等を両法人間で正確に共有し、両法人それぞれの適正な判断に資すること」を掲げており、「プロ・アマを問わず多数の観客を集める競技団体等に対しても、両法人で共有した情報を広く公開し、我が国のスポーツ界全体の対応力強化を目指す」とのこと。

 なお、プロ野球とJリーグではその歴史や文化も異なるだけでなく、大会形式や試合頻度、日程なども一様ではなく、また試合の主催者やガバナンス体制も異なる。このことから、すべての意思決定は、連絡会議で得た知見をもとに、それぞれが独自に行なうとされた。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング