専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【球団別年俸ランキング|ソフトバンク】柳田ら5億円プレーヤーが4人を数え、トップ10全員が3億円の大台を突破!

THE DIGEST編集部

2020.03.06

日本一3連覇中の常勝ホークスは年俸面でも球界トップ! 写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

日本一3連覇中の常勝ホークスは年俸面でも球界トップ! 写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

 誰もが憧れるプロ野球選手。それはプレーの華やかさはもちろん、「稼ぎ」もトップクラスだからだ。一流の選手ともなれば年俸は軽く1億円を超える。では、各球団の最高年俸選手は誰なのか?今回はソフトバンクの年俸ランキングトップ20をお届けしよう。

<ソフトバンク年俸ランキングTOP20>
1位 柳田 悠岐(外野手) 5億7000万円
2位 バレンティン(外野手) 5億円
   サファテ(投手) 5億円
   デスパイネ(外野手) 5億円
5位 森 唯斗(投手) 4億6000万円
6位 松田 宣浩(内野手) 4億5000万円
7位 ムーア(投手) 3億8400万円
8位 グラシアル(内野手) 3億5000万円
9位 千賀 滉大(投手) 3億円
   バンデンハーク(投手) 3億円
11位 今宮 健太(内野手) 2億9000万円
12位 内川 聖一(内野手) 2億5000万円
13位 中村 晃(外野手) 2億4000万円
14位 モイネロ(投手) 1億2000万円
15位 嘉弥真 新也(投手) 1億1000万円
    甲斐 拓也(捕手) 1億1000万円
    スチュワートJr.(投手) 1億1000万円
18位 和田 毅(投手) 1億円
   明石 健志(内野手)1億円
20位 武田 翔太(投手) 8000万円
   長谷川 勇也(外野手) 8000万円
※年俸は推定。『SLUGGER』調べ。
 
 文字通り“日本一”の球団である。3年連続で日本シリーズ制覇を果たしているソフトバンクは実力だけでなく、「金払い」も堂々のナンバーワンだ。トップ10全員が3億円を突破しており、1億円の大台も計19人がクリアしている。

 NPB最高年俸の座こそ菅野智之(巨人)に譲ったものの、球団トップの柳田はプロ野球全体2位。柳田は昨季、故障でシーズンの大半を棒に振ったが、過去の実績を評価されてオフに7年契約を結んでおり、今後も年俸ランキング上位の座を維持することになるはずだ。
 
 2位は5億円で3人の外国人選手がランクイン。うち2人はNPBシーズン記録ホルダーだ。

 ヤクルトの主砲として長らく活躍したバレンティンは13年に歴代最多の60本塁打をマーク。オフにFAとなり、複数球団が獲得を望んだ中、前記録保持者の王貞治氏が会長を務めるソフトバンクに加入を決めた。

 サファテは17年にシーズン歴代最多54セーブを挙げて“一度目”の日本一に貢献。同年オフに3年契約を結んだものの、最初の2年は股関節などの故障に苦しみ、満足に投げることができておらず、今年が巨額契約の最終年となっている。

 サファテ故障後に守護神の座を務めた森が4億6000万円で4位。14年の年俸が4800万円だったので、わずか6年で約10倍(!)の昇給となっており、今季の年俸は球団日本人投手最高額でもある。

 9位のバンデンハーク(3億円)、12位の内川(2億5000万円)はこれでもそれぞれ1億円以上のダウン。また、新たに1億円プレーヤーの仲間入りを果たしたのは、15位の甲斐と嘉弥真となった。

 実績を残した選手にはしっかり年俸面で“誠意”を示しており、また外国人選手の8人が1億円以上の金額を手にするなど、助っ人組への好待遇も特徴と言えるだろう。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】年俸5億円のバレンティンが本拠地で見事な豪快アーチ!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング