専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「トレード要求はなかった」ドジャース球団社長がマエケンのYouTubeチャンネルに反論!

スラッガー編集部

2020.03.08

トレードを巡って食い違う前田(左)とドジャース球団社長(右)の見解。果たして真相は? (C)Getty Images

トレードを巡って食い違う前田(左)とドジャース球団社長(右)の見解。果たして真相は? (C)Getty Images

 双方の食い違いによるものなのだろうか。  先月末、前田健太(ミネソタ・ツインズ)が開設した自身のYouTubeチャンネルに投稿した一本の動画を巡り、前所属ロサンゼルス・ドジャースの編成トップが困...
 双方の食い違いによるものなのだろうか。

 先月末、前田健太(ミネソタ・ツインズ)が開設した自身のYouTubeチャンネルに投稿した一本の動画を巡り、前所属ロサンゼルス・ドジャースの編成トップが困惑している。

 前田は『【これが真実】ツインズの移籍について話します』と題した動画内で、オフのトレードの裏側を赤裸々に告白。今回のトレードは「移籍したい、先発したいと球団に伝えた」と自らの要望だったと明かした。その理由としては、過去3年間は終盤戦に先発からリリーフに移ることになり、救援が嫌だったわけではないが、「先発ピッチャーとしてのプライドがある。先発として200勝を挙げたい」という想いがあったのだという。

 これに対し、ドジャースからは「トレードに出したくはない。ただ、大物選手が絡むトレードだったら考える」と伝えられたという。

 そして事実、2018年にア・リーグMVPに輝いたムーキー・ベッツとサイ・ヤング賞投手デビッド・プライスらが絡む三角トレードで前田はツインズへの移籍が決まりかけていた。この話は一度破談したものの、別の内容でツインズへのトレードが成立した。
 
 しかし3月6日(現地時間)、『オレンジ・カウンティ・レジスター』紙のドジャース番記者、ビル・プラケット氏が「ドジャースは前田健太が先発投手をやりたいことは分かっていた一方、前田は一度もトレードを要求したことがなかった」と見出しの記事を公開。これが大きな話題を呼んでいる。

 前田のYouTube動画を見たプラケット氏は、実際にトレード成立時にこうしたやり取りがあったのかと、ドジャースの編成トップに立つアンドリュー・フリードマン氏に質問。フリードマン氏は「確かにブルペン配置転換となった9月初旬に前田とやり取りの場を持った」と語り、200勝を目指していることも明かされるなど「本当に素晴らしい、心が打ち解け合った会話」と、動画内の一部は実際にあったことだと認めた。

 しかし、「その時のやり取りの中で『トレードしてほしい』という要求はなかったし、そのようなことは一度も言われたことがない」と、前田からの発信でトレードが行われたわけではないと真正面から否定している。

 果たして事の真相は分からないものの、プランケット記者は通訳を通すコミュニケーションの過程の中で、一部情報が抜け落ちてしまったのではないかと指摘している。

構成●SLUGGER編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】前田ドジャース“最後”の登板で3者連続三振の快投!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング