専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【阪神野手陣の最新序列は?】マルテとの三塁争いは大山がリード。一塁はボーアを使いたいが…

市川いずみ

2020.03.18

期待のボーアはキャンプで圧倒的な飛距離を見せていたが…。写真:朝日新聞社

期待のボーアはキャンプで圧倒的な飛距離を見せていたが…。写真:朝日新聞社

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、阪神の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=不動のレギュラー、〇=有力レギュラー候補、△=バックアップ、★=将来のレギュラー、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【捕手】
◎梅野隆太郎
△坂本誠志郎
△原口文仁
△長坂拳弥
★藤田健斗【NEW】

 2年連続でゴールデン・グラブ賞を獲得した梅野が今季も扇の要になるだろう。昨季はプロ野球新記録となる123捕殺を記録し、盗塁阻止率.370と「梅ちゃんバズーカ」をいかんなく発揮。オープン戦ではまだ持ち味の打撃面で結果が出ていないが、開幕投手の西勇輝から絶大な信頼を寄せられる梅野の存在感は大きい。

 それに続くのが、現役時代に捕手だった矢野燿大監督が「キャッチャーらしいキャッチャー」と評価する坂本。攻守ともにいいアピールを見せている。代打起用が多い原口もベンチに控える形になりそうだ。

【一塁手】
〇ボーア【NEW】
〇マルテ
〇大山悠輔
△陽川尚将
△中谷将大

 今季一番の補強としてロサンゼルス・エンジェルスから獲得したボーアを固定して使い“たい”。キャンプの打撃練習では周囲を黙らせるほど圧倒的な飛距離を披露。メジャーで年間20本塁打以上が3度と実績も十分だ。ただ、オープン戦に入りバットは湿り気味。三塁を争う大山、マルテのいずれかが一塁に入るケースも出てきそうだ。左打者がどうしても多くなりがちなので、中谷や陽川の台頭にも期待したい。

【二塁手】
◎糸原健斗
△上本博紀
△熊谷敬宥
△植田海

 キャプテンを務める糸原が、今年も二塁でチームを牽引する。昨季は2年連続全試合出場を果たし、粘り強さも光った。「とにかく勝ちたい」と話すキャプテンは出塁率4割を目標を掲げる。今季も大事な場面で泥臭さを発揮するに違いない。上本の意気込みも相当なはず。昨季は2018年に受けた手術の影響もあり出場62試合、自己ワーストの打率.192に終わった。シーズン後の秋季キャンプに33歳ながら志願して参加するなど、今季に賭ける想いは強い。キャンプからオープン戦まで一軍で完走した熊谷も楽しみな存在。
 
【三塁手】
〇大山悠輔
〇マルテ
△北條史也

 正三塁手争いは大山がマルテをリード。キャンプでは勢いがあったマルテだが、オープン戦に入って失速してきたように感じる。一方で大山は3月初旬のソフトバンク戦で2打席連続本塁打を放つなど、オープン戦首位打者に。北條が三塁を守る試合もありそうだ。

【遊撃手】
〇木浪聖也
〇北條史也
△植田海
★遠藤成【NEW】

 チームで最も熾烈なレギュラー争いが繰り広げられており、ともに今年26歳の木浪と北條が一歩も譲らない状況だ。オープン戦での結果もほぼ互角。木浪は左、北條は右で、相手投手との相性に応じて使い分ける可能性も高い。また、高卒ルーキーながらオープン戦出場を果たした遠藤(ドラフト4位・東海大相模高)は将来がとても楽しみな存在。矢野監督が「形も綺麗で柔らかさもあってどっしり感もある。あとは経験だけ」と絶賛する素材の持ち主だ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング