専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

【日本人メジャーリーガー年俸ランキング】7年契約最終年の田中将大がトップ。最下位の大谷翔平はオフの大幅アップが確実

藤原彬

2020.03.15

田中と大谷には、基本給で実に2230万ドルもの差がある。(C)Getty Images

田中と大谷には、基本給で実に2230万ドルもの差がある。(C)Getty Images

 メジャーリーグで活躍する選手は、破格のサラリーを手にすることができる。金額の多寡が選手の実力を映すとは限らないが、基本給には球団の期待が表れているものも多い。今季メジャー契約を結ぶ日本人選手9...
 メジャーリーグで活躍する選手は、破格のサラリーを手にすることができる。金額の多寡が選手の実力を映すとは限らないが、基本給には球団の期待が表れているものも多い。今季メジャー契約を結ぶ日本人選手9人の年俸を、ランキングで紹介しよう。

<日本人メジャーリーガー年俸ランキング>
1位 田中将大(投手/ヤンキース) 2300万ドル
2位 ダルビッシュ有(投手/カブス) 2200万ドル
3位 菊池雄星(投手/マリナーズ) 1400万ドル
4位 秋山翔吾(外野手/レッズ) 600万ドル
5位 筒香嘉智(内野手/レイズ) 500万ドル
6位 山口俊(投手/ブルージェイズ) 317.5万ドル
7位 前田健太(投手/ツインズ) 300万ドル
8位 平野佳寿(投手/マリナーズ) 160万ドル 
9位 大谷翔平(二刀流/エンジェルス) 70万ドル
 
 年俸トップの田中は今季が7年契約の最終年。順調であれば、2014年に結んだ1億5500万ドルの大型契約をまっとうしてオフにFAとなる。新契約を提示される前に、箔をつけておきたいところだ。次点のダルビッシュは6年1億2600万ドルの契約を締結して3年目を迎える。昨季の後半戦に見せたような快投をシーズンで維持して、サイ・ヤング賞投票でトップ5入りすれば、日本人選手最高額を手にすることも可能だ(1位なら200万ドル、2~5位なら100万ドルのボーナス)。
 
NEXT
PAGE
大谷には大型契約提示か

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング