専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【立浪和義のパ・リーグ順位予想】投打とも層の厚さが群を抜くソフトバンク。下位予想のチームでも浮上のチャンスは十分ある

立浪和義

2020.03.21

立浪氏は日本ハムを4位と予想しつつ、中田が打線の柱としてしっかり機能すれば上位進出も可能と見る。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

立浪氏は日本ハムを4位と予想しつつ、中田が打線の柱としてしっかり機能すれば上位進出も可能と見る。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。通算487二塁打のプロ野球記録を保持し、昨年殿堂入りも果たした立浪和義氏に、今季の順位を予想してもらった。

【立浪氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 楽天
4位 日本ハム
5位 オリックス
6位 ロッテ

 ソフトバンクはやはり投打ともに選手層の厚さが群を抜いていますので、かなり有利かなと思いますね。怪我人の問題はありますが、こればかりは蓋を開けてみないとわからないので。それに、仮に怪我人が出たとしても、それをカバーができるだけの選手がいるとのは強いと思いますね。昨年、不振だった上林誠知はいいバッターだと思いますけども、競争相手が多いので、上林が不振ととなればすぐ違う人が出てくる。悪かったら外されるというところが、逆にプレッシャーになってしまったのかなと。
 西武は今年も強力打線が健在だと思います。決して投手力が強いチームではないですけども、それとも2年連続優勝しているわけで。ピッチャーの出来次第だと思います。ただ、秋山翔吾が抜けた穴は大きいですね。昨年の浅村栄斗(現楽天)もそうですが、確率の高いバッターが抜けたのは痛いですよね。山川穂高、中村剛也というホームラン打てる人はいますけども、粗さもありますしね。確実性のある選手が2年で2人抜けたのが痛手ですよね。

 楽天は今年は楽しみですね。野手のメンバーを見ても浅村がいますし、鈴木大地のようにどこでも守れる選手もいますし。ここもピッチャーでしょうね、やっぱり。則本昂大は普通にやれば結果を残せると思うので、クローザーから転向した松井裕樹が先発で成功すれば、一挙に優勝まで芽が出てきますよね。先発転向が成功するかどうかは、開幕して初めに結果が出るかどうかが大きいと思います。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング