専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「たまたま振ったら当たった」大瀬良大地が1本塁打3打点の活躍でDeNAを粉砕!投げても1失点の充実完投

THE DIGEST編集部

2020.06.19

投打に大活躍の大瀬良は、「僕たちもこの日を待ちわびていたので、ファンの皆さんに良いプレーを見せられて良かった」と開幕戦勝利を喜んだ。写真:産経新聞社

投打に大活躍の大瀬良は、「僕たちもこの日を待ちわびていたので、ファンの皆さんに良いプレーを見せられて良かった」と開幕戦勝利を喜んだ。写真:産経新聞社

DeNA1-5広島/6月19日/横浜

 セ・リーグ開幕戦の横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープが6月19日、横浜スタジアムで行なわれ、広島が5-1で今季初勝利を飾った。殊勲は先発の大瀬良大地。1失点完投の好投に加え、1本塁打3打点とバットでもチームを牽引した。

 広島は2回裏にDeNAのロペスに先制ソロを浴びるも、5回表に逆転に成功。田中広輔が三塁打を放つと、投手の大瀬良大地がタイムリーでランナーを返す。さらに、二死1、2塁から西岡龍馬に適時二塁打が生まれ、2-1とした。

 ヒヤッとしたのは、8回裏だ。DeNA先頭打者の宮崎敏郎に二塁打を浴び、送りバントで1死三塁のピンチを迎える。しかし、ここで代打オースティンの打球を、サードの三好匠が好判断でバックホーム。「あそこは大きかったと感謝している」と大瀬良も称えたビッグプレーで同点を阻止した。すると、9回表には大瀬良とピレラが2者連続アーチを放ち、一気に5-1と突き放して試合を決めた。
 
 投打に大活躍を見せた大瀬良は、試合後のヒーローインタビューで「待ちに待った開幕だったのでチームが勝ってよかった」と切り出し、「状態は正直あまり良くなかったが、丁寧に投げようと會澤さんと話していて、なんとか最後まで投げ切れて良かった」と自身の投球を総括。

 さらに、9回表のプロ初本塁打については、「たまたま振ったら当たったんですが、追加点になったので、9回に楽な気持ちでマウンドに上がることが出来ました」と笑顔を見せた。

構成●THE DIGEST編集部

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

NEXT
PAGE
【動画】まさかの一撃!大瀬良大地がプロ初本塁打でDeNAから追加点

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング