専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「2000試合登板を目指しているので」DeNAの頼れるエース・今永昇太が力投!打線も奮起し、チームは3連勝で5割復帰

THE DIGEST編集部

2020.07.25

今永の力投で広島に勝利。チームは5割へ復帰した。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

今永の力投で広島に勝利。チームは5割へ復帰した。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 DeNA6-2広島/7月25日/横浜スタジアム

 本拠地横浜で3連勝を果たしたDeNAが5割復帰とカード勝ち越しを決めた。

 DeNA・今永昇太、広島・床田寛樹の両先発で始まった試合。序盤はDeNAペースで進む。初回、前日に逆転サヨナラ満塁弾を放った4番佐野恵太、5番宮崎敏郎のタイムリーで2点を先制すると、3回にも1点を加える。

 一方広島も4回、相手のミスの間に2点を返し、試合中盤は接戦となった。

 6回裏のDeNAは一死一、二塁のチャンスで9番へ打順が回る。ラミレス監督はここまで2失点と好投を続けていた今永を代え、乙坂智を打席に送る。乙坂が2球目をとらえた当たりは右翼席上段へ到達し、貴重な追加点となった。

 8回表、広島は連打などで無死満塁と2番手エスコバーを攻める。しかし、ここで昨季74試合に登板した鉄腕が底力を発揮。磯村嘉孝、田中広輔を連続三振、長野久義を二ゴロに打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 試合はこのままDeNAが逃げ切った。広島は8安打を放つも、残塁10と好機に一本が出なかった。
 
 観客が入ってからの本拠地初勝利に「先週の不甲斐ないピッチングに責任を感じていた。皆さんの前に立って感謝の言葉を述べられてとても嬉しい」と今永。さらに、この日が通算登板100試合の節目だったことについては、「2000試合目指しているので」と冗談めかした。

 DeNAは6連敗のあと3連勝と、復調傾向にある。5割復帰についてラミレス監督が「連敗の後は必ず連勝が来る」と力強く語れば、打のヒーロー乙坂も「ベイスターズは上にあがっていくチーム。連勝目指して頑張る」と鼻息を荒くした。

 26日、DeNAは貯金生活に向け、今季ここまで安定感抜群の平良拳太郎がマウンドに上がる。一方、広島は3年目右腕、遠藤淳志に連敗脱出を託す。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング