専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

日本人メジャーリーガー9人の“開幕1ヵ月”を診断!ダルビッシュ&前田が好成績でシーズン折り返し、野手勢は…

THE DIGEST編集部

2020.08.24

左からダルビッシュ、秋山、田中、筒香。日本人メジャーリーガー9人それぞれの“開幕1ヵ月”を診断する。(C)Getty Images

左からダルビッシュ、秋山、田中、筒香。日本人メジャーリーガー9人それぞれの“開幕1ヵ月”を診断する。(C)Getty Images

 7月23日(日本時間24日)にメジャーリーグが開幕を迎え、早1ヵ月が経過する。今シーズンの前半を折り返したこのタイミングで、日本人選手9人ぞれぞれの“開幕1ヵ月”を診断しつつ、残りシーズンを展望していく。※成績は現地8月22日時点。

〈ナ・リーグ〉
●ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)
試合:5 勝利-敗戦:4-1 防御率:1.80 投球回:30.0 
K/9:10.20 BB/9:1.50 FIP:2.04 bWAR:1.2
[評価]よくできました

 昨季後半戦の輝きは本物だった。サイ・ヤング賞有力候補として開幕すると、緒戦こそ4回3失点で黒星を喫するも、その後は4試合連続QSを続け、カーディナルス戦でメジャー最多タイの4連勝をマーク。防御率1.80はメジャー7位、K/BB6.80が8位と内容も良く、奪三振王を獲得して投票2位に入った2013年を上回り、サイ・ヤング賞を手にする可能性も十分だ。

●秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)
試合:22 打数:65 打率:.215 本塁打:0 
出塁率:.301 OPS:.578 盗塁:1 bWAR:-0.1
[評価]がんばりましょう

 プロ野球シーズン最多安打記録を誇る稀代のヒットメーカーだが、その巧打ぶりが鳴りを潜めている。デビュー戦で代打起用に応えてタイムリーこそ放つも、18試合に先発出場してマルチ安打は1回だけで、打率も.215。8月13日のパイレーツ戦でフェンスにぶつかりながら長打コースの打球をもぎ取った美技がハイライトだ。
 
〈ア・リーグ〉
●田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)
試合:4 勝利-敗戦:0-1 防御率:4.60 投球回:15.2 
K/9:7.47 BB/9:1.72 FIP:4.58 bWAR:0.0
[評価]がんばりましょう

 FAイヤーの今季は、サマーキャンプ初日の打撃練習でライナーが頭部に直撃するアクシデントに見舞われた。2登板目のレイズ戦では5回1安打無失点とさすがの投球を見せたが、まだまだ試運転中で本調子ではない。今季は高めに4シームを投げ込むスタイルを採用しており、残り1ヵ月でその真価を証明できるか注目される。

●筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)
試合:22 打数:68 打率:.176 本塁打:3
出塁率:.278 OPS:.617 盗塁:0 bWAR:-0.2
[評価]がんばりましょう

 開幕戦で、昨年に最優秀防御率を獲得したリュ・ヒョンジンから一発を放つ衝撃デビューを飾った“ハマの大砲”。低BABIPもあって全体の成績は上がってきていないものの、四球率11.4%、ハードヒット率などは優秀な数字を残しており、今後の成績向上が見込めそう。不安視された三塁&レフト守備も破綻なくこなしているのも救いだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング