専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「日本の誇りです」「鬼気迫る投球は震えました」ダルビッシュ“NL最多”8勝目に日米ファン絶賛の嵐!

THE DIGEST編集部

2020.09.26

今季8勝目を挙げ、最多勝獲得を確実なものとしたダルビッシュ。(C)Getty Images

今季8勝目を挙げ、最多勝獲得を確実なものとしたダルビッシュ。(C)Getty Images

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有が25日(日本時間26日)、敵地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に登板し、7回3安打無失点、1四球5奪三振で今季8勝目を挙げた。この勝利で、日本人投手として史上初の最多勝という快挙を確実とし、サイ・ヤング賞も射程圏とした。

【PHOTO】“20年サイ・ヤング賞候補”ダルビッシュ有。投球からイケメンぶり、マエケンらとの絡みも!

 ダルビッシュは、試合後、自身のTwitter(@faridyu)で試合を振り返った。まず「7回3安打無失点で8勝目をあげることができました」と報告。続けて「ここ2試合は全体的に球の強度が落ちていたので、それを4日間で修正できたのは良かったです。今日もたくさんのパワーをありがとうございました!」綴った。

 さらに、ダルビッシュは、音声配信サービス『Now Voice』の期間限定無料配信にて、投球の詳細について語った。初回、先頭ティム・アンダーソンにヒットを許したが、2番ヨアン・モンカダへの初球内角低めに投じた4シームで感覚を掴んだことを明かした。

 Twitterの投稿には、わずか3時間足らずで、3.4万を超える「いいね!」に加え、500を超えるコメントと、日米ファンから反響が寄せられた。現地のファンからは、「今夜は最高だったよ」「素晴らしい試合だったよ」「素晴らしいレギュラーシーズンありがとう」「サイ・ヤングだ」と絶賛の声が寄せられた。
 
 また日本のファンも「打たれる気がしなかったです」「今日の鬼気迫る投球は震えました」「最高のピッチングでした!」「朝からダルさんの活躍が見れて幸せ」「感動をありがとう」「サイ・ヤング賞取れるように願ってます」「ダルさんは日本の誇りです」などと、歓喜に沸いた。

構成●THE DIGEST編集部 
 
NEXT
PAGE
【画像】今季8勝目を挙げたダルビッシュの試合後の投稿

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング