専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【今週のパ・リーグ展望】正念場の楽天は首位ソフトバンクとの「絶対に負けられない」3連戦

氏原英明

2020.09.29

則本は一軍復帰登板がいきなりソフトバンク戦。エースらしい投球に期待したい。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

則本は一軍復帰登板がいきなりソフトバンク戦。エースらしい投球に期待したい。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

●楽天-ソフトバンク(楽天生命パーク)
【予告・予想先発】
29日(火)則本昂大-千賀滉大
30日(水)涌井秀章-武田翔太
1日(木)松井裕樹-和田毅

 3位楽天がホームに首位・ソフトバンクを迎えての大事な3連戦。楽天は決戦に合わせて強力なローテーションを組んできた。初戦の先発は9月4日以来の登板となる則本。いきなり大一番で投げることになるが、エースの意地に期待したい。2戦目の涌井は8月5日のソフトバンク戦で1安打完封を記録したが、9月9日は逆に5回8失点と大炎上。今回はどんな結果になるか。松井は先週のロッテ戦で5回12奪三振。左打者が多いソフトバンク打線に対し、優位性を生かしたい。一方、打線は週末の西武3連戦で計7点と一斉に沈黙。特に主砲・浅村栄斗は11打数7三振と散々だった。浅村はソフトバンクも打率.227と苦手としているだけに不安が募る。

 ソフトバンクは初戦の千賀がカギだ。昨季の天王山の西武戦では圧巻の投球を見せており、ここ一番での強さは実証済みだ。2戦目先発予想の武田に不安があるだけに、千賀の役割はより一層重要になる。打線は、前節のロッテ戦では上位打線は機能したものの、思うように得点をあげることはできなかった。内川聖一、長谷川勇也、明石健志らの昇格はあるのか。工藤公康監督の決断にも注目が集まる。
 
●日本ハム-ロッテ(札幌ドーム)
29日(火)石川歩-上沢直之
30日(水)小島和哉-バーヘイゲン
1日(木)岩下大輝-上原健太

 首位・ソフトバンクとの天王山に2勝1敗と勝ち越したロッテは、5位・日本ハムと対戦する。今週は下位チームとの対戦が続くが、札幌ドームでは負け越しているだけに慎重に戦いたい。

 日本ハムは前節のオリックス戦で負け越して5位に転落、苦しい戦いが続いている。チームトップの7勝を挙げている上沢も、実は3敗はいずれもロッテから喫している。特にマーティンには8打数5安打、3本塁打と一方的にやられている。角中勝也にも6打数4安打、2三塁打と打ち込まれている。この2人をどうケアするかがカギになりそうだ。

 一方、ロッテ初戦先発の石川も、前回登板は7回途中8失点で3連敗の流れを作ってしまった。今季の対日本ハム戦も、1勝1敗ながら防御率7.82と打ち込まれている。2戦目の小島、3戦目の岩下も日本ハム戦は相性が良くない。日本ハム打線は爆発も沈黙もある不安定さも抱えるが、実力の最大値は高い位置にあるとも言える。派手な打ち合いになる可能性もありそうだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング