専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

田澤純一の指名見送りは必然?「防御率3.94、奪三振率6.75、来年35歳」という“現実の数字”に下された判断

新井裕貴(SLUGGER編集部)

2020.10.28

全盛期はメジャー屈指の鉄腕として鳴らした田澤。しかし現在の姿はそこからほど遠く、ドラフト指名もされなかった。(C)Getty Images

全盛期はメジャー屈指の鉄腕として鳴らした田澤。しかし現在の姿はそこからほど遠く、ドラフト指名もされなかった。(C)Getty Images

 10月26日、プロ野球ドラフト会議が行われた。コロナ禍によって例年と異なる様相を呈した中でもさすがの一大イベントだ。SNSのトレンド上位はドラフト関連ワードが独占し、多くの注目を集める結果となった。

 その中でも、「この選手」に向けられた注目は、他の“ドラフト候補生”とは一線を画するものだった。

 田澤純一。今年7月、アメリカ球界から帰国した元メジャーリーガーは独立リーグと契約して大きな話題を呼んだ。それも当然だろう。2008年ドラフトで1位指名が確実視されながらも単身海を渡ってメジャーへ移籍。若手有望株の海外流出を恐れたNPBが“田澤ルール”なる制度を作った渦中の人物が“12年ぶり”に日本球界の門戸を叩いたのだから。

 レッドソックスではセットアップとして活躍し、2013年には上原浩治とともに世界一の立役者にもなった右腕は、メジャー9年間で通算388登板、21勝26敗4セーブ、89ホールド、防御率4.12という成績を残した。しかし故障や不振に苦しみ、2018年を最後に表舞台から遠ざかっていた。今季はコロナ禍でマイナーリーグが中止になると、プレーの場所を求めて日本の独立リーグへとやってきた、というわけだ。

 そして田澤は、“新人選手”として今年のドラフト対象者にもなっており、果たして指名する球団があるのかと注目されていた。一部では巨人やDeNAなどが下位指名するとの報道もあったが、結果はどの球団からも声はかからずに終わっている。
 
「NPBの陰謀」「過去の言動から回避された」と、巷ではさまざまな憶測が飛び交っているが、ここでは冷静に『ドラフト候補・田澤純一』の立ち位置を改めて考えてみたいと思う。言うまでもなく、田澤よりも実績が上の選手は今年のドラフト対象者でいるはずもない。プロ野球を含めても彼の功績に届く選手がいるかどうか、というレベルである。ということはやはり、田澤が"嫌われていたから"指名されなかったのか……とはもちろんならない。

  田澤は来年35歳を迎える完全なベテランだ。投手は一般的に30歳をピークに下り坂になるとのデータがあり、田澤の伸びしろがないとは断言できないものの、それほどあるとは言えない。つまり、指名する側は完全な「即戦力」として評価せざるを得ないし、「現時点の能力を上限として今後2、3年働けるだけの力を持っている」と判断できなければ、コロナ禍でただでさえ大幅な減収を強いられている球団の貴重な選手枠を使うことはできないだろう。

 では、「現時点」の田澤の能力は“スーパー即戦力”たるものなのだろうか。独立リーグでの成績がこれだ。

■16試合(16.0投球回)/防御率3.94/12奪三振/WHIP1.12

  独立リーグのプレーレベルがどこまでなのかは判断しかねるが、少なくともプロ野球一軍レベルにないことは確かだし、もちろんメジャーレベルでもない。とすると、今年の田澤の成績ははっきり言って「箸にも棒にも掛からぬ数字」である。というより、独立リーグの選手の中でも優れたものでもない。
 
NEXT
PAGE
藤川ら独立リーグから栄転した選手は、確固たる“実力”を示した

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング