専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【パ・リーグ80年代ベストナイン】最強軍団・西武の主力が中心も、落合、門田、山田、福本…各球団の実力者が勢ぞろい!

筒居一孝(SLUGGER編集部)

2020.12.14

80年代にシーズン50本塁打を記録したのは、ランディ・バース(阪神)と落合(写真)だけ。まさに史上有数のスラッガーだった。写真:産経新聞社

80年代にシーズン50本塁打を記録したのは、ランディ・バース(阪神)と落合(写真)だけ。まさに史上有数のスラッガーだった。写真:産経新聞社

 1980年代は、プロ野球にとって華やかなりし時代だった。テレビ番組『プロ野球ニュース』が全盛を迎え、『珍プレー好プレー大賞』もスタート。王貞治や野村克也らが80年限りで引退し、新たなスター選手が生まれた時代でもある。SLUGGER編集部では、そんな80年代のベストナインを選定(野手8人+先発投手3人+抑え1人を選定)。今回はパ・リーグ編だ。

捕手 伊東勤(西武)
一塁 ブーマー(阪急/オリックス)
二塁 大石大二郎(近鉄)
三塁 落合博満(ロッテ)
遊撃 石毛宏典(西武)
外野 秋山幸二(西武)
外野 新井宏昌(南海→近鉄)
外野 福本豊(阪急)
DH 門田博光(南海→オリックス)

先発 東尾修(西武)
先発 山田久志(阪急)
先発 村田兆治(ロッテ)

抑え 江夏豊(日本ハム→西武)
 
 群雄割拠のセ・リーグとは異なり、80年代のパ・リーグは西武が黄金時代に突入。リーグ優勝7回、日本一6回と圧倒的な強さを誇っただけあり、各ポジションにトップクラスの選手を揃えている。

 捕手の伊東は、卓越したインサイドワークに強肩、さらに勝負強い打撃も備えた捕手の理想像というべき存在。遊撃の石毛も、走攻守三拍子そろったチームリーダーとして西武を牽引した。そして秋山はパワフルな打撃に俊足、強肩好守とまさに球史でも有数のパーフェクト・プレーヤーとして活躍。86年からは4年連続で30本塁打&20盗塁をクリアし、89年には史上5人目のトリプルスリーも達成している。ちなみに伊東、石毛、秋山の3人はいずれも、当時西武の球団管理部長だった“球界の寝業師”こと根本陸夫氏が、あの手この手で獲得した選手である。

 もちろん、「打倒・西武」を目指した各球団にも実力者が大勢いた。一塁のブーマーは、来日2年目の84年に外国人初の三冠王に輝いた阪急の主砲。40本塁打以上3度、首位打者2度と、確実性と長打力を兼ね備えたまさに真の強打者だった。西武の主砲・清原和博は86年入団で実働期間が短ったこともあるが、ブーマーが相手ではさすがに分が悪すぎるだろう。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング