専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【近藤健介のアマチュア時代】横浜高の恩師が「ミート力は筒香より上」と証言。当時は強肩でも鳴らした〈SLUGGER〉

西尾典文

2021.02.09

高校2年春の時点では、森友哉(西武)と双璧と言える捕手だった。写真:大友良行

高校2年春の時点では、森友哉(西武)と双璧と言える捕手だった。写真:大友良行

 毎年新たなスターが出現するプロ野球の世界。しかし年俸が数億円を超えるような選手も、必ずしもプロ入り前から高い評価を受けてきたわけではない。そんなスター選手のアマチュア時代の姿を年間300試合現地で取材するスポーツライターの西尾典文氏に振り返ってもらった。今回は球界でも屈指の打撃技術を誇る近藤健介(日本ハム)を取り上げる。

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

 近藤のプレーを初めて見たのは、2009年夏の神奈川大会準々決勝の東海大相模戦。最大のお目当ては当時3年生だった筒香嘉智(レイズ)だったが、近藤は1年生ながら5番、ショートで出場している。ちなみに相手の東海大相模の4番を任せられていたのは当時2年だった大城卓三(巨人)だった。

 近藤はこの試合、2本のツーベースを放つ4打点の大活躍を見せてチームの勝利に貢献。インサイドアウトに振り抜けるスイングの軌道とパンチ力は素晴らしいものがあり、特に左中間への打球が強く印象に残っている。その年に筒香の取材で横浜高の小倉清一郎部長(当時)に話を聞く機会があったが、ミート力に関しては筒香よりも近藤が上だろうと話していた。
 
 そして高校時代の近藤を見た試合で最も強烈だったのが2年春の慶応高との試合だ。この試合では3番、キャッチャーとして出場し、ツーベースを含む2本のヒットを放ったが、圧巻だったのがスローイングである。2.0秒を切れば強肩と言われるセカンド送球でこの日近藤は1.8秒台を2度マーク。6回には実戦でも見事なスローイングで盗塁を阻止している。高校2年春の時点での捕手としての総合力は森友哉(西武)と双璧だったと言えるだろう。

 プロでは徐々に送球難に陥り、現在は完全に打撃に特化した選手となっているが、高校時代の強肩ぶりを見ていたものからすると一抹の寂しさは感じられる。ただ、緊急時に捕手もこなせるというのは大きなアドバンテージであり、特に侍ジャパンにとってはこれ以上ありがたい選手はなかなかいないだろう。東京五輪が無事に行われた際には、日の丸を背負って大活躍してくれることを期待したい。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング