専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

田中将大が初ブルペンで正捕手候補に授けた金言「音は気にしないでいい」〈SLUGGER〉

岩国誠

2021.02.08

ブルペン入りした田中は、太田に「際どいところをきっちり取ってもらえるようなキャッチングをしてくれたらいい」と伝えた。写真:岩国誠

ブルペン入りした田中は、太田に「際どいところをきっちり取ってもらえるようなキャッチングをしてくれたらいい」と伝えた。写真:岩国誠

 楽天の田中将大投手が7日、今季初のブルペン入り。「実際にプレーする捕手に受けさせたい」というチームの意向で、光山バッテリーコーチが今回、捕手4人の中から指名したのは、3年目の正捕手候補・太田光だった。

【沖縄キャンプPHOTO】田中将大がブルペンで40球!スライダー、ツーシーム、スプリット等々、全球種を披露!

「緊張しました。キャッチャー全員がいつかは絶対受けさせてもらうので、いつになるかとは思っていたのですが、初めてのブルペンで受けさせてもらって光栄です。注目度が高い中、田中さん自身も初ブルペンで気持ちも入っていた。僕もその気持ちに答えようと思っていました」

 田中が細かく指示するコースへミットを構える。例えば「次は高めで。あ、もう少し高く」という具合だ。

「(指示が)細かいのは何ていうか、そこまでのコントロール、制球力があるから、そこにこだわる部分も大きいと思うので、それに応えられるようにと思いました。一つひとつのボールの精度というか、6、7割で投げていたのですが、1球1球、大事に意図を持って、試合でどういう意図で使うのかということを、すごい持たれているんだという印象を受けました」

 太田にとっても大きな経験となった今回の初バッテリー。ただ、緊張が影響したのか、捕球時に良いミット音を響かせられなかったと、田中に対して頭を下げた。捕球時に心地よい音を投手に聴かせ、投手の気持ちを乗せていくことも、捕手の大事な仕事のひとつとされているからだ。
 
 これに対して、田中はこう返した。

「こっちからしたら音は鳴っていたので気にしないでいい。とりあえず、ストライクはストライクと、際どいところをきっちり取ってもらえるようなキャッチングをしてくれたらいい。音は関係ない」

 際どいコースをストライクへ。いわゆるフレーミングの技術は近年、MLBでも注目されている。太田は光山コーチの指導のもと、そのフレーミング技術向上に取り組んできた。インターネットでフレーミング動画がアップされるほど、目の肥えたファンから、すでに注目されている。

「やはり捕球音優先になってしまうと、それ(フレーミング)がやりづらくなる部分があるので、『音を気にしないでいい』と言ってもらえることで、試合の中でも思い切ってやりたいことができると思います」
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング