専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「見逃すな!」二刀流復活を期す大谷翔平をMLB公式が大絶賛!「こんな選手には二度と会えない」とも

THE DIGEST編集部

2021.03.13

投打で溌溂としたプレーを披露し続ける大谷に、MLB公式も賛辞を贈る。 (C) Getty Images

投打で溌溂としたプレーを披露し続ける大谷に、MLB公式も賛辞を贈る。 (C) Getty Images

 来月1日に迫るメジャーリーグの開幕に向け、エンジェルス大谷翔平が好調だ。

 右腕を痛めた影響で、昨シーズンは2試合を投げたのみの未勝利に終わり、バッティングも打率.190、7本塁打と精彩を欠いた。ゆえに投打ともに内容が申し分ないオープン戦でのハイパフォーマンスに、期待の声は高まる一方である。

 二刀流の完全復活なるか――。一流選手たちが集うメジャーリーグにあっても、かのベーブ・ルースを除いて本格的に二刀流に取り組んだ選手はいない。歴史的挑戦に臨む大谷のプレーぶりは、今シーズンのアメリカ球界でも注目の的だ。

 現地時間3月11日、MLBの公式サイトは「2021年にすべてを費やしてでも見るべき選手」と銘打った記事を掲載。複数の番記者が独自に選ぶ注目選手として、フェルナンド・タティースJr.(パドレス)、マイク・トラウト(エンジェルス)、ハビア・バイエズ(カブス)などスタープレーヤーが続々登場するなかで、「きっとスペシャルな存在になる」とマイク・クレア記者が大谷を選出した。

【動画】圧倒的パワーに現地も驚嘆!? 大谷翔平のオープン戦第1号ホームランはこちら
「彼はおよそ一世紀以上に渡って誰も成し得ていないことをやろうとしている。現在のように環境が整っておらず、試合のレベルも高くなかった100年前の野球界を考えれば、ショウヘイ・オオタニは前代未聞の選手になろうとしているのだ」

 さらに「トミー・ジョン手術から戻ってきた彼はスポーツ界全体でも話題の中心だ」と評したクレア記者。次のように綴っている。

「オオタニはこの春のオープン戦で468フィート(約142メートル)もの特大のホームランを放ち、投げても100マイルの速球で対戦相手をねじ伏せている。ハッキリ言って、彼のような選手とはもう二度と会えないだろう。目を離してはいけない!」

 多士済々のメジャーリーグでも話題沸騰の大谷。その一挙手一投足から目が離せない。

【PHOTO】ダルビッシュ、大谷、マエケン!メジャーリーグで活躍する日本人選手を一挙紹介!

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング