専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ビーバーも太刀打ちできない」2戦3HRと打ちまくる大谷翔平に米メディアも驚嘆!「自分に秘めた大きな可能性を…」

THE DIGEST編集部

2021.03.17

昨シーズンのサイ・ヤング賞投手であるビーバー(右)を打ち砕いた大谷(左)に米メディアから賛辞が相次いでいる。 (C) Getty Images

昨シーズンのサイ・ヤング賞投手であるビーバー(右)を打ち砕いた大谷(左)に米メディアから賛辞が相次いでいる。 (C) Getty Images

 エンジェルスの大谷翔平が周囲を熱狂させている。

 現地時間3月16日に行なわれたインディアンスとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場した大谷は、3回の第3打席でバックスクリーンを越える特大の4号2ランを放った。

 昨シーズンの投手3冠でアメリカン・リーグのサイ・ヤング賞を受賞したシェーン・ビーバーと対峙し、初球から積極果敢に仕掛けた。大谷が速球をフルスイングすると、打球はグングンと伸びていき、バックスクリーンを越えていった。

 2打席連続ホームランを放っていた前日のレッズ戦に続く、推定464フィート(約141メートル)メートルの特大アーチを放った大谷に、現地メディアも首ったけだ。

 地元紙『LA Times』は、「オオタニは3つのエラーを犯していたずさんなクリーブランド守備陣に容赦なく、ビッグホームランを放った」と絶賛。同じくラテンアメリカ・メディア『Elintra News』は、「オオタニは困難な歳月を経て、自分に秘めた大きな可能性を開花させようとしている」と褒めちぎった。

【動画】サイ・ヤング賞エースからも特大アーチ! 大谷翔平の最新バックスクリーン越えHRはこちらでチェック
「ショウヘイ・オオタニは日に日に良くなっている。ついにはサイ・ヤング賞投手のビーバーからもホームランを打った。春のオープン戦で4本目の一発を放ったオオタニは間違いなくエンジェルスを牽引している。しかも、センターの後方へ打ち込んだのはもう2度目だ。そんな日本人にビーバーでさえも太刀打ちできなかった」

 第2打席の内野安打を含めてマルチヒットを記録し、打率も驚異の.579に乗せた大谷。この26歳のスラッガーの打棒には、対戦したインディアンスの地元メディアもたじたじといった様子だ。クリーブランド紙『Cleveland.com』は、「この日、3イニングを投げたビーバーは全体的に良くなく、乱調だった。そしてオオタニのホームランが決定的なダメージを与えた」と伝えた。

 評価うなぎ上りの大谷。4月1日に行なわれるホワイトソックスとのシーズン開幕戦に向けて、間違いなく調子は上向きだ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】サイ・ヤング賞エースからも特大アーチ! 大谷翔平の最新バックスクリーン越えHRはこちらでチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング